ニットの毛玉が激減!予防のポイント&毛玉を取り除くグッズ4選

どんなに素敵なセーターでも毛羽立っていたりすればおしゃれ感がダウンしてしまいます。お気に入りの衣類を長く愛用し続けたい女性は、予防する2つのポイントと家庭にある4つのお役立ちグッズをチェック!

ニットの毛玉が激減!予防のポイント&毛玉を取り除くグッズ4選

ニットを毛玉レスにしたい!
お気に入りを長く着続けるコツは?

寒さが増す時期。ニットカーディガンやセーターで冬ファッションを楽しむオシャレ女子が多くなってきましたね。

ニットを着るうえで大きな悩みの種となるのが『毛玉の発生』。おしゃれなニットやお気に入りのニットに毛玉ができてしまい、ガッカリした経験のある女性は少なくないはず。

お店のクリーニングに出すのが一番手っ取り早いとは言っても、毎回クリーニングに頼んでいては出費も時間もかさみますよね。


今回は、ニットの毛玉を予防するポイント2つと、毛玉取りに早変わりする家庭のグッズ4つをご紹介します。

どれだけ高価で、おしゃれなニットも、出来ているだけで全てを台無しにしてしまう毛玉の対策テクニック。おしゃれを思いっきり楽しむために、ニット女子はチェック必至ですよ♪

毛玉を作る習慣をやめよう!
脱・毛玉女子する2つのポイント

ニットの毛羽立ちや毛玉にウンザリしている女性は、毛玉を作ってしまう習慣を正すことから始めましょう。

1.洗濯方法

洗濯をすると、衣類同士がこすれ合うため、摩擦が生じています。この摩擦が毛玉の原因となり、繊維が絡み合うことで毛玉が作られてしまうのです。

ニットを洗濯するときは?

裏返し&洗濯用ネットに入れる!

洗濯による毛玉を防止するためには、ニット素材の衣類は裏返しにして、洗濯ネットに入れてから洗濯をするのがオススメ。

セーターは裏返しにして洗濯ネットに入れて洗濯器に入れて洗います。

☆ネットに入れるニットは一枚だけにしてくださいね。他の洗濯物との摩擦が減ることで、洗濯によって作られる毛玉がグッと減ります!

2.着用中の行動

毛玉は衣類の繊維の一部ですから、毛玉を取るということは、衣類の繊維を切り取っていることになります。

ともなれば、大切なニットを長く楽しむためにも、普段から着ている間の摩擦には気をつけたいもの。

着用時の注意点は?

◆リュックは避ける!

◆できるだけ背もたれに寄りかからない!

◆コートは滑らかな素材のものを選ぶ!

◆ニット同士の重ね着をしない!

◆バッグとの摩擦にも注意する!

◆スパンコールのバッグはニットに擦れないようにする!

◆同じものばかりを着ない!

『無意識の内にやってしまってること、チェックすると結構あるかも…?』なんて女性は、これらの注意点に対して今日からでも意識してみて!

えっ!コレ毛玉取りになるの?
どの家庭にもある意外な便利グッズ4つ

予防のためにどんなに気をつけていても、ニット素材の洋服に毛玉ができてしまうのは絶対避けられませんよね。

その場合、毛玉取りを家電量販店で買っておくのもアリですが、家にある4つのグッズでもサッと毛玉を取ることが可能なんです♪

1.歯ブラシ

『意外!』と思われるでしょうが、歯ブラシは毛玉取りには最適な便利アイテム。

ポイントは?

毛先をカットして使う!

山切りにジグザグにカットすることで、毛玉をよりブラシに絡みやすくすることができます。

元々ブラシの形が山切りになっているのであれば問題ありませんが、平切り型の場合は毛先をカットしてから使うのがオススメ!

セーターと歯ブラシ

☆平坦な場所でニットの毛玉にブラシを優しくこすりつければ、面白いくらいに毛玉が取れます♪

2.T字のカミソリ

カミソリ

100円ショップで売られている安物でもOKなので、T字カミソリを用意して下さい。

テーブルや床など、硬くて平らな場所に毛玉のついたニットを広げましょう。そこで、T字かみそりの刃を毛玉に優しく滑らせるだけで、簡単に毛玉が取れちゃいます♪

ポイントは?

衣類にシワが寄らないよう、伸ばして置く!

力を入れてかみそりを滑らせてしまうと、衣類の繊維が傷ついたり、衣類に穴が開いたりしてしまうことがあるので、くれぐれも力加減には注意してくださいね。

☆毛玉をきれいに取りたい場合には、切れ味の良い新品のかみそりをチョイスしましょう。

3.スポンジのザラザラ面

スポンジ

未使用の、片面に硬いザラザラがついているタイプの食器用スポンジを用意しましょう。

これも100円ショップで売っているもので十分ですが、ザラザラがついているものではないと効果が得られないので、購入する場合にはよくチェックしてください。

ポイントは?

力を入れ過ぎないこと!

毛玉がついた部分を、スポンジタワシのザラザラした面で数回こすりましょう。

毛玉を取るときは無理に力を入れ過ぎてしまうと、繊維が引っ張られ衣類が傷んでしまうことも。スポンジは力の入れ加減が難しいので、注意して毛玉取りを行ってください。

4.ラップやアルミホイルの箱の刃

サランラップのギザギザ

ラップやアルミホイルの箱の端には、ギザギザの刃がついていますよね

実は、この刃でも毛玉を取ることができるので、使い終わったラップやアルミホイルの刃の部分は、捨てずに残しておきましょう!

ポイントは?

刃は適度な長さに切って使う!

ラップやアルミホイルについている刃は長いので、そのまま使ってしまうと衣類に穴を開けたり、手を怪我してしまう恐れがあります。そのため、自分が使いやすいサイズにカットしてから使いましょう。

☆カットしたら、かみそりと同じ要領で毛玉を優しく刈り取って。お気に入りのニットが新品同様に生まれ変わっちゃいますよ♪

毛玉レス生活始めよう!

お気に入りのニットを綺麗に保つためには、毛玉を作らないのはもちろん、マメに毛玉を取り、大事に保管することが大切です。

毛玉だらけのくたびれたニットを着ているよりも、新品同様毛玉レスのニットを着ている方が、その日の気分も全然違ってきます。

これを機に、残念な毛玉女子からは卒業して、目いっぱいオシャレを楽しんでくださいね☆