ずっと一緒にいたいと思わせる女性の特徴5つ

男性にとって「ラクだな」とか「一緒にいて心地良いな」と感じる女性。そんな人は相手の中で大切かつ特別な存在。そういう女性には、彼がずっと一緒に居たいと思う5つの特徴があります。要チェックです!

ずっと一緒にいたいと思わせる女性の特徴5つ

『いつまでも一緒にいたい』と感じさせる女性の特徴

男性が彼女を選ぶとき意外と大切にしていることがあります。それは一緒にいるときの居心地の良さ。余計な心配をしたり、自由奔放な彼女に振り回されたり、気をつかって無理して疲れることなく長い時間をリラックスして一緒に過ごせる女性の存在は、男性にとってかけがえのないもの。つまり、そういった女性は「大切にしたい」と思われるということです。この特徴を確認して、あなたも『ずっと一緒にいたい』と彼氏に思わせる彼女に

1.何気ない会話をずっと楽しめる女性!

何気ない会話をずっと楽しめる女性!

男性にとって特別なことがなくても、日常の自然な会話を楽しめる関係性を築ける女性と一緒に居る時間は大切な癒しの時間。他愛もない会話でも相手が楽しそうなら、お互いに穏やかに過ごせる心地の良い時間となりますよね。
何気ない会話で相手に癒しを感じてもらうには、お互いが無理をせずに会話をすることが大切です。「楽しい話をしなくちゃ」と頑張るのではなく、リラックスしてくだらない話を一緒に楽しむことから始めてみましょう。

2.カッコつける必要を感じさせない女性!

カッコつける必要を感じさせない女性!

男性は女性の前では常にカッコよくありたいと思うもの。本当はできないことでも「余裕だよ!大丈夫!」と言ってみたり、やせ我慢して強がってみたり。しかし無理をしているわけですから、そんな強がりは長続きせずに結局疲れてしまいます。
あなたが「私の前では無理しないで。そのままのあなたで充分だよ」という気持ちを持っていることが分かれば、男性はあなたに安心して甘えられるようになります。その結果、男性の気持ちもずいぶん楽になるはず。ふたりの信頼関係もより深いものに変わり、あなたは彼にとって今まで以上に大切な存在になることでしょう。

3.ひとりの時間を上手く楽しめる女性!

ひとりの時間を上手く楽しめる女性!

男性にとって自分だけを大切に思ってくれる女性は嬉しいものです。しかし彼女の世界があまりにも彼中心では、次第に彼は彼女に窮屈さを感じてしまうことも。例えば会う約束をしていたのに急な予定で会えなくなってしまったとき、ドタキャンをただ責めたり、ひとりでひたすら不安になってしまうことの無いようにしたいもの。
いつもこんな反応をされたのでは、彼が負担を感じることも増えて楽しいはずのふたりの時間も楽しめなくなってしまいます。そうならないように日ごろから相手1人のために時間を使うのではなく、自分のために使う時間を持ちましょう。趣味や好きなことをしたり、習い事を始めるのもいいかもしれません。

4.自分のことを信頼してくれる女性!

自分のことを信頼してくれる女性!

男性に限らず自分のことを信頼してくれる存在は嬉しいもの。特に相手が好きな女性ならなおさらです。何か不安なことがある度に浮気を疑って彼をしつこく問い詰めたり、細かく予定を聞きたくなってしまう女性にはならないようにしましょう。
何かにつけて彼を心配したり嫉妬したりと忙しい女心からの女性の行動は、男性を心底疲れさせてしまう大きな原因。いちいちあったことを説明したり、スケジュールを管理されたら息が詰まって逃げ出したくなる気持ちも分かる気がします。一緒にいて「ラクだな」と思える女性になるためには、自分の気持ちばかり押し付けず、相手の気持ちになってまずは冷静に考えるようにしましょう。

5.気持ちを上手く察してくれる女性!

気持ちを上手く察してくれる女性!

例えば、少し疲れていたりイライラしている時や、精神的に辛くて落ち込みふさぎ込んでいるとき、人間が日々生活していく中では色々なことがあり、こういった心境になることは必ずあるものです。その状況をできる限り早めに察し、和らげる気遣いを持てる女性は、彼氏にとって掛けがえの無い存在なのです。 相手の状況や心境を理解して支える癒しの行動によって、男性がいつも会社などで抱えているストレスや疲れをケアし、嫌なことを忘れさせてくれるパートナーの存在は嬉しいものです。男性にとって「一緒にいてリラックスできて、自分のことを理解して支えてくれる女性」は、結婚したい女性の条件としても重要なポイントなのです。

無理しなくても一緒に居られるふたりになるには…

男性にとって「ずっと一緒にいたい」と思える女性の特徴は、愛情に優しさが見えるところがポイントとなるのかもしれませんね。相手が優しいと自分も穏やかになれ、一緒に居る時間はリラックスすることが出来る…。無理なくお互いを気遣って時間を共有できるふたりを目指して、まずは自分優先ではなく相手の気持ちを大切に考えることから始めてみてくださいね。

上へ戻る