彼氏を不安にさせるテクニック・恋愛の立場を逆転させるコツ

彼氏を不安にさせるテクニックを使えば、愛情表現が減ってきた恋人の態度も良い方向へ変化します。彼氏に合わせて必死に追いかける行為は逆効果…。ほんの少しだけ彼氏を不安にさせることが恋愛の立場逆転のコツ!

彼氏を不安にさせるテクニック・恋愛の立場を逆転させるコツ

彼氏を不安にさせる方法

「追う立場の恋」をしていると、彼に好かれるためにメイクやファッション、趣味やライフスタイルまで彼好みに変えてしまう女性がいます。

彼氏に揺るぎない自信と安心感を与えてばかりいては「追いかけるだけの辛い恋愛」からは永遠に抜け出せません。

「追う立場」から「追われる立場」に恋愛関係を逆転させるには、安心しきって調子に乗っている彼氏を不安にさせるのが効果的ですが、「彼氏を不安にさせる行動」をとったからといって成功するとは限りません。

サジ加減やタイミングを間違えると、逆に彼の気持ちが冷めてしまう原因になるので、実践する前にイメージトレーニングをしておくことをオススメします。

では、「彼氏を不安にさせる方法」を紹介します。倦怠期を迎えたマンネリカップル、恋人として付き合っているのに彼氏からの愛情が感じられず、片思いしているみたいで不安になっている彼女、気持ちの温度差を感じていて不安な人の恋愛の悩みが解消しますように

1.彼氏の言動に振り回されない

恋愛では一方が相手に固執しすぎると、相手の気持ちは反比例するように引いてしまうことがよくあります。

いつまでも惹きつけていたいのなら、彼氏を必死で追いかけたり、一挙一動に過敏な反応をしてはいけません

彼氏を不安にさせるテクニック

彼に反応するタイミングを変える

相手が優勢の恋愛をしていると「好かれたい」「嫌われたくない」という心理が働いて、彼氏から電話やメールがあると即反応したくなりますが、それは逆効果なのでやめましょう。

「絶対的な愛情を俺に注いでくれる、放置しておいても大丈夫な彼女」から「追いかけないと離れて行ってしまいそうで放っておけない彼女」になりたいのなら、特に急ぎの用じゃない内容のLINEやメールには反応しないで下さい。

「逃げれば追いたくなる心理」を利用して、「数時間後や翌日に返信を持ち越す」など、これまでのタイミングに変化をつけると、彼氏を不安にさせることができます。

スマホを持つ女性

このテクニックの注意点

◆ 返信が遅れたことを過剰に謝らない
◆ 遅れた返信に対して、彼から返信がなくても凹まない、焦らない

やり過ぎるとカレが冷めてしまうこと

音信不通になってはいけない。「逃げる」と「消える」は違います

すっかり図に乗っている彼氏は、絶対に思い通りになるはずの彼女がいつものタイミングで反応しないことへの不安や怒りから、「無視をする」「冷たくする」など、実に可愛らしい仕返しをして自分の立場を守ろうとしますが、ここが踏ん張りどころなので頑張りましょう。

彼氏の反撃に動揺したり、嫌われることを恐れて自分の手の内を明かしたり「ごめんね」と謝罪の言葉を連呼したり、即レスの癖をぶり返すなど、せっかくの苦労を台無しにしないように十分注意してください。

2.男性の名前をチョッとだけ出す

他の男性に目もくれず彼氏オンリーな彼女に対して、不安を抱くはずはありません。彼氏を安心させてばかりいると、彼女への愛情は変わらなくても行動や態度による愛情表現を怠るようになるので、結果的に彼女だけが不安に陥ってしまう状況を招きます。

彼氏を不安にさせるテクニック

「A君ってダレ?」と思わせる程度に、他の男性の話をチラッとする

「チラッとすること」が、このテクニックの成功ポイント。「会社のAくんがね、面白いイベントがあるって言ってたんだけど」「会社のAくんにイタリアンの美味しいお店があるって聞いたんだけど」など、「A君の話題」を話すのではなく、会話のなかに「間接的にA君の名前が出る」程度に抑えます。

このテクニックの注意点

デートで毎回、「A君の話題」を出さないこと

やり過ぎると彼氏が冷めてしまうこと

「A君ってカッコいいの」と、他の男性を直接的に褒めること

「あれ?前にも聞いた名前だ。Aさんって誰なんだ?」と、不意打ちするタイミングで名前を出したほうが、彼氏に不安を与える効果が高まります。

また、絶対にやってはいけないことは「A君って素敵!」などと、ハッキリ他の男性を讃嘆する行為。彼にとっては侮辱そのものなので「あっそ、じゃあ、そっちに行けば」と、冷たく突き放される可能性があるので危険です。

このテクは試す回数が多すぎると、彼氏を不安にさせるどころか浮気を疑われたり「男にだらしない」と思われてトラブルを招く原因になるので注意して下さいね。

恋に冷めてきた男性

3.全てを教えない!ミステリアスな面を保つ

「何時」「どこで」「何をするのか」相手が自分の行動をすべて把握できるように、すすんで自ら情報提供しているのなら、彼氏は不安など少しも感じるはずがありません。

「どうせ今夜も真っすぐ家に帰ってテレビでも観てるんだろう」と、不安に駆られて電話をしたり、不意打ちで夜中に彼女の家を訪ねるなど、具体的な恋のアクションを起こすことは激減して当然です。

彼氏を不安にさせるテクニック

いつもの生活に「新たなスケジュール」を取り入れる

「ヨガ」など女性だけが通うお稽古ではなく、男性も参加しているセミナーや習い事を選んで下さい。「来週からスキルアップのためにセミナーに通うことにした」と、深く語らないことで彼の不安を煽る効果がアップします。

ジムに通う女性

不安にさせるテクニック

「新しいこと」の中身は詳しく教えない

やり過ぎるとカレが冷めてしまうこと

予定をすべて隠して教えないのは信頼関係が崩れます

「どんな人が来ているか?」と彼に質問されたら「同じ年代のビジネスマンとか」と、サラッと答える程度にします。いつもはペラペラ報告する彼女が詳しく教えないことで「何かあるのかも?」と彼の気持ちは不安になります。

ただし、「何を聞かれても絶対に教えない」というスタンスを頑なに貫くと、「教えたくないならいいよ」と、彼の反感を買って信頼を損ねてしまうこともあり逆効果なので、状況を見ながら加減することを忘れずに!

いつもと違う行動が彼氏を不安にする

相手から告白されたり熱烈アタックされて付き合ったとしても、ラブラブ状態が続くとは限りません。

人の心は移ろいやすいので、いつの間にか自分が追う立場になっていて焦ったり、特に喧嘩をしたわけでもないのに、デート中や日々の暮らしの中で彼氏からの愛情が薄れたように感じて不安になるケースは珍しくないことなのです…。

彼氏から「大事にされていない」「愛されていない」「好きの気持ちが足りない」と感じているのなら、いつもと違う行動でチョットだけ不安を与えてみて下さい。彼氏の気持ちを取り戻せる確率がアップしますよ

上へ戻る