みんな結婚前は不安…。マリッジブルーで破談を回避する7つの方法

彼との結婚が決まってルンルン♪だったはずなのに、結婚式や披露宴の会場、ウェディングドレス選びなど夢にまでみた状況のなか、気分が落ち込んで仕方ない…。ツラい気持ちは遠慮せず、誰かに聞いてもらいましょう。

みんな結婚前は不安…。マリッジブルーで破談を回避する7つの方法

結婚前は不安であたり前!
マリッジブルー破談を回避する極意

大好きな彼氏との結婚が決まって幸せいっぱいのはずなのに、将来のことを考えて不安になったり、結婚式をどうするかで意見がぶつかりイライラするなど、未知の世界へと踏み出す結婚前は、多くの女性がマリッジブルーを経験するのかも知れませんね。

しかし、そのネガティブな感情がエスカレートすると、結婚するまえに破談になってしまうことも少なくないようです。マリッジブルーは一時的な感情なので、個人差はあってもいずれ落ち着くときがきます。

心が安定してから婚約解消したことを後悔しても元に戻るのは難しいこと。結婚前の不安を乗りきる方法を紹介します。

その1:違いを感じたら?
そのときに話合って歩み寄ること!

結婚式を挙げるには、予算や招待客選び、絶対に式でやりたい譲れないこと、そもそも結婚に対する考え方など、お互いが違いを感じてしまう部分に直面します。

最初は「仕方ないか」と、相手に合わせたり聞き流しているだけ済むかもしれませんが、次第に「こんなに考え方が違うなんて…。結婚して大丈夫かな?」という不安な気持ちばかり大きくなって、最終的に「もう止めよう!」と、別離を選択してしまうことも。

・時には「冷静な第三者」にも介入してもらい、都度、話合う!
・自分とは違う意見でも「その場」で判断せず、数日、いろんな角度から考えてみる!

その2:不安を感じたら?
迷わないで相談すること!

結婚を前に不安を感じるとどういう行動に出るのか、いくつかのタイプに別れるようです。

具体的に、どんな行動をとるの?

タイプ1 自分の母親に相談する
タイプ2 先輩や友人に話を聞いてもらう
タイプ3 婚約者に不安を直接聞いてもらう
タイプ4 自分ひとりで抱え込んでしまう

一番避けたいのは「タイプ4」ですね。話を聞いてもらい、爆発寸前だった気持ちが静まることで解決することもあるので「こんなこと相談していいのかな?」と、躊躇せずに信頼できる人のチカラを借りることをおすすめします。

特に母親や既婚者の先輩からは、経験者ならではのアドバイスを受けられるので頼りになるはず。婚約者にはちゃんと不安なことを話すことで、対応の仕方から彼の本質が見えたり、あらためて絆が深まることもあるかもしれません。

その3:「私だけじゃないから大丈夫」と考える!

人によって、その期間や不安な気持ちに差が出るマリッジブルー。心に抱えている不安や不満の気持ちが強いほどイライラして攻撃的になるなど情緒不安定になり、破談を招いてしまう可能性は高くなります。

しかし、結婚は今までとは違う環境に身を置いて、そこで新しい生活を始めるスタートラインに立つ前なので、鼓動が激しくなり不安になるのは当然です。

日常の悩みもそうですが「自分だけに降りかかっている不幸」と、考えてしまうと闇から抜け出す希望が持てず、落ち込んだりイライラが増大するわけです。

このように考えてみるとラクになれるかも。

「自分以外にも、多くの女性が結婚前に通る道にいるだけ!」

その4:結婚前からホームシックになったら?
“家族と離れること=新しい出会い”と考える!

同居でもなく、結婚することで実家から遠く離れて暮らすことになる場合は、家族と離れて生活することに大きな不安を抱える女性も多いですね。

大好きな彼氏とふたりで暮らすために準備を始めると、ガラリと環境が変わることを意識せざるを得なくなるので、寂しくなったり不安になってしまうようです。

確かに、今までのように家族や友達とすぐ会うことは難しくなるので、寂しくなるのは仕方がないことかもしれません。しかし、環境が変わるということは、それだけ新しい人に出会えるチャンスが増えるということ。前向きに考えて、寂しさや不安を解消しましょう。

その5:なぜか彼のことが嫌いになってきたら?
彼の悪い部分ばかり考えない!

結婚式でもめるカップル

結婚に不安を感じていたり不満があると、彼の悪い部分ばかり探して「やっぱりこの人じゃないのかも」という自分の気持ちを納得させる理由を探してしまいます。

さて、結婚することを願っていた相手に嫌悪感を抱くようになったのですから、これは深刻な問題です。しかし、一時的な迷いというケースも少なくないようですよ。

その悪い部分を「許せるか?」「許せないか?」で、彼に対する本当の気持ちも分かります。もし、2人の付き合いが長いのであれば、悪い部分も知ったうえで今まで一緒にいて、そこを許すことができて結婚を了承したはずです。

悪い部分を許せるのは、それ以上の魅力が彼にあるからなのでは?(#^.^#)

その6:もう一度、お互いについて確認しておく!

将来のことや生活スタイル、必要なルールなどを結婚前にきちんと確認して決めておくこともマリッジブルー破談を回避する重要なポイントです。

例えば、何を確認すればいいの?

・家族との付き合い方
・お金の管理
・仕事や家事の分担
・子供の育て方
・お互いの趣味や友達との付き合い方

自分が大切にしたいことや譲れないことを把握しあって、2人が納得できるルールを決めておきます。そうすることで、結婚後のライフスタイルが明確になり不安も解消されるというわけです。

その7:「自由は確保できる」と考えて工夫する!

マリッジブルー破談の理由はさまざまですが、中には「自由な時間や楽しみが結婚で失われてしまうのが耐えられないと思って止めた」という女性も実在します。

確かに、独身時代のように好き勝手なことは出来ませんが、考え方を少し変えれば時間も楽しみも自由も自分で作ることは可能なはず。

例えば、時間は家事を効率よく行えば、ある程度の余裕を確保できますし、工夫するなかで充実した時間を過ごしている女性からヒントを得ることもできますね。

結婚したら自由はなくなるのではなく「作るもの」だと考えて!

「この気持ちは一時的なものだ!」
自分に言い聞かせる&周囲の人にも言ってもらう!

結婚を前に不安になることは、人生の重大な決断をするときなのでやむを得ないことです。不安な気持ちがあるからこそケンカをしたり、歩み寄ったりするわけですからマリッジブルーも結婚前の大切な経験なのかもしれません。

しかし、できれば結婚前に多くの女性が陥ってしまう鬱っぽい状態が原因の破談は経験したくないものです。「こんな感情が湧くのは自然のことだ」と、自分自身に言い聞かせてガマンするだけじゃなく、彼氏や信頼できる周囲の人たちとの合言葉にすることで心理的に良い効果があるかもしれませんよ。