奥ゆかしい女性の特徴

奥ゆかしい女性の特徴を紹介します。洗練された大人の魅力がある奥ゆかしい女性に近づくためには、内面的な慎ましさと外見的な品の良さを身につけることが大切です。特徴をチェックして真似してみてくださいね。

奥ゆかしい女性の特徴

男心を掴む!奥ゆかしい女性の特徴

品が良く、周囲に対する気配り上手な奥ゆかしい女性は、「良い奥さんになりそう」「優しそう」という印象から、いつの時代も人気があります。

しかし「奥ゆかしい」と聞くと、控えめで謙虚な女性をイメージする人が多いのではないでしょうか。実際の「奥ゆかしい」は、イメージしているものと少し違った意味を持っています。

「奥ゆかしい」とは?

奥ゆかしいの「ゆかしい」は「行きたい」という意味です。

「奥ゆかしい」はいつしか「その先が見たい」「もっと知りたい」などの感情を表すようになった言葉で、そこから「細かな心配りに心惹かれる」「慎み深く上品で好感が持てる」という意味を持つようになりました。

現代では、控えめで上品でありつつ、深い気づかいができる女性を表す言葉になっています。

タンポポを持つ女性

男心を満たしてくれそうな存在の奥ゆかしい女性は「女性らしさ」を持っていて魅力的です。

いつの時代も愛される奥ゆかしい女性の特徴を紹介します。女子力アップのためにも、できるところから真似してみてくださいね。

落ち着いた大人の雰囲気である

ノリがよくて明るく元気な女性は、周りの人もその場の雰囲気も明るくしますよね。奥ゆかしい女性は、気分が盛り上がっても大騒ぎすることはありません

気分や感情に引きずられることのない落ち着いた姿は、多くの人に洗練された大人の印象を与えるものです。奥ゆかしい女性に近づくためには、その場の空気に流されて大騒ぎするのは控えましょう

落ち着いた女性

また、奥ゆかしい女性は流行を取り入れつつも清楚なお洒落を楽しんでいます。ヘアスタイルやメイク、ファッションに流行を取り入れることは、オシャレな女性をアピールするために欠かせませんが、派手すぎる見た目は奥ゆかしさから遠ざかってしまうものです

誰から見ても好印象で、男性からの人気も高い清楚な女性になるためには、流行を取り入れながらおしゃれを楽しむことが大切ですよ。

自分に自信を持っている

「カッコイイ彼氏ができた」「新作のバッグを買った」「仕事で大きな成果をあげた」など、人に自慢したくなることってありますよね。

奥ゆかしい女性は自分に自信があり、人の痛みが分かるので、どんなことがあっても自慢をしません。

本当の意味で自分が充実しているのならわざわざアピールする必要がないことや自慢して褒めてもらう虚しさ、自慢することで誰かを傷つけるかもしれないことをよく知っています。

普段の会話やブログ、SNSなどで自慢話をする人がいますが、何かにつけて自慢するクセがある人は、自慢を控えることを意識してみましょう。

聞き上手である

奥ゆかしい女性は「私が」「私は」と自分の話をしたり、人の話に横やりを入れて話を遮ぎるなどして、自分を主張することがなく、聞き上手です。

誰でも「自分の話を聞いて欲しい!」という欲求を持っているので、聞き役になってくれる人は自然と印象が良くなります。

奥ゆかしい女性は、話をすることが苦手なわけでなく、人の話を遮ってまで自分が話題の中心になろうとはしません

8割は相手の話を聞く、残り2割で返答や感想、思いなどを伝えることを心がけて会話の中でも、相手をさりげなく気づかうことが大切ですよ。

笑顔で受け答えをする女性

相手を思いやっている

相手を立てることが出来る女性は、自然と魅力的に見えます。男性に負けないほどの姿勢で仕事に打ち込む女性や自分の意見をはっきり言えるような、男性より強い女性は同性から見れば魅力的ですが、男性としては面目が丸つぶれです。

奥ゆかしい女性は、自分の中に芯となる部分を持っているので、相手に媚びることなく、自己主張やわがままも言いません。

自分よりも相手のことを優先して考えているので、自然と相手を立てる行動をとっています。奥ゆかしい女性に近づくためには、常に相手のことを考える余裕を持つことが大切です。

心がけておきたいこと

・人の意見を否定しない
・相手の話は最後まで聞く
・相手に恥をかかせない

いつでも穏やか

奥ゆかしい女性は、どんなことが起こっても、ひと呼吸置ける冷静さを持っているので、感情に左右されることがありません

怒り、悲しみ、幸せをなど様々な感情の起伏をそのまま表に出すことは決していけないことではありませんが、感情に流されて大声でわめいたり、笑ったりする女性は、子どもっぽい印象を与えがちです。

感情が高まっていると感じたら、深呼吸するなどして、ひと呼吸置くことを意識しましょう。

些細なことでも感情が乱れてしまうのは誰にでもあることですが、感情を表に出さないようにすることで、いつでも穏やかで落ち着いている雰囲気を出せます。

抹茶を持つ女性

誰にでも気配りできる

人間は良く思っている人には気配りをできますが、苦手な人にはなかなかできないものです。気配りというと、どうしても自分がでしゃばる形をイメージしがちですが、奥ゆかしい女性は誰に対しても自然に気配りすることができます。

周りの状況をよく見て、相手を選ばずにさりげなく支援する形で、気配りすることを心がけましょう。

マナーが身についている

奥ゆかしい女性は挨拶を欠かさず、基本的な大人としてのマナーが身についているので、話す言葉や振る舞いが自然とエレガントに見えます。

大人のマナーに自信がないという人は、マナー本を読んだり、セミナーに参加して、正しい大人のマナーを身につけることが大切です。

また、品のある話し方を身につけるためには略語ではなく、正しい言葉を使いで丁寧に話すことを心がけましょう。どんなに気配りができても、話す言葉が汚い、声が大きい、早口では、残念ながら奥ゆかしい女性から遠ざかってしまいますよ。

笑顔の女性

みんなに訊いた!奥ゆかしい女性の特徴

多くの男性を魅了する「奥ゆかしさ」は、当然、恋人や結婚相手として理想のタイプとして挙げられる要素でもあるのですが、なかには「素敵だと思うけど、もっと積極的で自己主張をするタイプの女性との相性が良い」と冷静に自己分析している男性の意見もあるので参考に!

また、あくまでも「理想像」としての意見もあり、実際には「本物の奥ゆかしい女性」には出会えてはいないものの、「自分も奥ゆかしさを身につけたい」という羨ましさや憧れを抱いているのが女性の意見のなかでは特徴的でした。

男性がイメージする奥ゆかしい女性

男の人にとって「奥ゆかしい女性像」で目立ったのは「長い黒髪」「着物」「美しい言葉遣い」「大人しい」など、昔ながらの大和撫子をイメージさせるキーワードです。

黒髪で大人しい性格の人

おとなしくて周囲への配慮が上手く、一歩後ろをついてきてくれる控えめな性格で、周りからの印象が良く、芯がしっかりしていて精神的に自立している人に奥ゆかしい魅力を感じます。男性からも女性からも好かれる人柄で、黒髪が見た目の特徴です。(24歳/男性)

着物を着た黒髪の女性

黒髪で和風な感じが強い人

「奥ゆかしい女性」ときくと、髪の毛が黒く長くて可憐で和風なイメージがあります。動作がゆったりしていて言葉遣いが丁寧で綺麗で、茶道や華道など日本文化を大事にする趣味を持っている女の人に奥ゆかしい魅力を感じます。(29歳/男性)

出しゃばらない人

今では滅多に見かけませんが、身長が高く黒髪を綺麗にまとめていて着物を着ていて、言葉数が少なく、自分のことはあまり話さず出しゃばらない人が、私が思い描く「奥ゆかしい女性像」です。(30歳/男性)

たおやかで自制心があり柔和な人

着物など、昭和の雰囲気が感じられる衣類を身にまとっている。一挙手一投足がたおやかで落ち着いている。

また、声を荒らげることがなく、物腰が柔和。苛々することがあっても自制できる人。奥ゆかしい女性を見ると、どこか懐かしく思います。昔の女性には、こういう人が多かったと思います。(35歳/男性)

着物を着た女性

気配り上手で目立たない人

黒髪でおとなしそうな顔をしていて、眼鏡をかけていて、穏やかな表情をしていて、ゆっくり上品で落ち着いた話し方をして、周りにも配慮がありつつ、それを意識させない、また、目立たない「奥ゆかしい人」に対しては好感を持ちます。(40歳/男性)

遠慮がちで控えめな人

シックな服装を好み、礼儀やマナーを心得ていて、遠慮がちである事が「奥ゆかしい女性」の大前提と考えます。

“しんなり”や“はんなり”という擬態語がピタリとくる感じがします。見た目はおしとやかだけど、なぜか目立つというタイプが浮かびます。決して、自分から名乗り出たり、我先にと突出はしない人。

決してギロギロした眼差しを向けることがなく、こちらがギロギロしてたりしたら、ゆるりとした心地に引き戻してくれるタイプの女性が浮かびます。

でも、私は喜怒哀楽がハッキリしとしていて、共に笑い、はしゃぎ、泣き、時には怒り、ケンカもするタイプが好きなので、古風で芯の強さを感じさせる奥ゆかしいタイプの女性は魅力的ですが、自分との相性は悪いです。(49歳/男性)

和服を着た座る女性

穏やかで上品な人

見た目は決して派手なところはなく清潔感があり、穏やかで上品な雰囲気を醸し出している女性です。

言葉遣いが丁寧で汚く罵るような下品な表現はせず、バタバタしたり物を置く時など、音も最小限にとどめ周りを不快な気持ちにさせない小さな配慮が自然にできる女性です。(50歳/男性)

女性がイメージする奥ゆかしい女性

「奥ゆかしい人」へ抱いているイメージは、「黒髪・控えめ・落ち着き・昭和」など男女共通しているポイントが多かったです。

年相応の慎ましい美を持っている人

内面では、自分は悪くないのに相手が非を認めず、一方的に自分を責めてきても感情的になることなく落ち着いて、相手をなだめられる特性を持っている人。奥ゆかしい女性からは、かつての昭和以前の日本を連想させる慎ましい美を感じ、羨ましく思います。(30歳/女性)

会話をする和服を着た女性

一歩引いている人

どちらかというと地味で目立たず薄化粧で落ち着いた外見の人。家庭では夫を立てて、人前では声を荒げたりせず、いつも微笑んでいる。
小股で静かに歩き、自分の主張よりも相手の話に耳を傾け、気が利くのが奥ゆかしい人のイメージです。

女性でも前に出ることが増えてきましたが、今の時代でも奥ゆかしさがある控えめな人に会うとホッとします。(37歳/女性)

昔ながらの大和撫子

見た目に派手さはなく落ち着いていて、振る舞いには無駄がなく、きちんとしている。且つ、おっとりしているが凛とした佇まいの女性から奥ゆかしさを感じます。

昔ながらの日本の女性らしさの最上の褒め言葉であると思うのですが、現代では稀有なタイプです。(39歳/女性)

和傘をさした女性

楚々とした美しさがある人

見た目は和服が似合う女性で、華道や茶道をたしなみ、常に美しい言葉遣いで、どんな場面でも卒(そつ)のない対応ができる女性は、正に奥ゆかしいと思います。

そういった数少ない日本女性に少しでも近づけるように、日々、意識しています。(47歳/女性)

清楚で微笑みを絶やさない人

カラーもパーマもしたことがない黒髪の艶々ストレートヘアで、お化粧も殆どしてないけれど、肌が綺麗で服装も白を基調とした清楚で爽やかな品質の良い物をさり気なく着こなしているイメージです。

慌てたり急いだりすることなく、常に振る舞いが落ち着いていて出しゃばらず、モナリザのような微笑みを絶やさない奥ゆかしい女性は50歳を目の前にしても憧れの存在です。(49歳/女性)

微笑む和服を着た女性

心が豊かな気遣いの人

見た目は色が白くて柔らかく優しいイメージがあります。でしゃばらず、人の話を穏やかに微笑みながら聴いてくれて、さり気ない気遣いを嫌味なく自然にできる人のように、人間性豊かな奥ゆかしい女性に存在してほしいです。(53歳/女性)

自分の評価よりも相手を思いやる

男性が好む奥ゆかしい女性の特徴には、内面的な慎ましさと外見的な品の良い美しさの両方があります。日頃から意識して身につけることが、奥ゆかしい女性への第一歩ですよ。

奥ゆかしい女性になるために

・大人の印象を与える
・自分に自信を持つ
・聞き上手になる
・相手を思いやる
・いつも穏やかでいる
・誰にでも気配りをする
・マナーを身に着ける

奥ゆかしい女性は自分の中にしっかりとした芯を持ち、大人としての理性やプライドも兼ね備えています。

自分に対する評価を意識しすぎた行動は本当の「奥ゆかしさ」とは言えません

評価ばかりに気を取られていると、媚びているようにしか見えなくなってしまうので、意識していなくても自然と行動に表せる奥ゆかしい女性を目指しましょう。