追われる恋をする女になる秘訣・守るべき5つのルール

好きな人に気に入ってもらうためファッションやメイクなどで可愛く決めても、彼の反応はイマイチ…。ナゼだ?何が悪い?どうも、ある感情をセーブできないことが原因みたい…。

追われる恋をする女になる秘訣・守るべき5つのルール

男に追われる女になる方法

報われない追いかける恋を卒業して、自分が相手をリードする”追われる恋をする”には、あるルールを守らなければなりません。

それは…、”ある感情”に流されず、グッと我慢すること。

  • 好きな人に嘘なんてつきたくない
  • ずっと彼の側にいたい
  • 彼への真剣な愛は届くはず
  • 彼好みのオンナになりたい
  • 恋の駆引きなんてバカらしい

…と、恋をするオンナなら誰でも思うことですが、この感情に素直に従ってしまうことこそ、好きな人に振り向いてもらえない女になる元凶に!

デートに誘われたとき、本当は予定がガラ空きでも『今週は忙しいのよ』と余裕をかましてウソをついたり、彼に抱きつきたくても『じゃあ、またね』と、クールな女を演じてその場を去ったり…。 できていますか?

我慢デキるか?デキないか?

これが「追われる立場になるか?」「追う立場になるか?」の分かれ道に…。

恋の幸せを噛みしめるために守りたい5つのルールはこちら!

1.自分の情報は6割くらい隠しておく!

秘密を持ったミステリアスな女

好きな人には自分のことを何でも話したくなるものですよね。

しかし…、男性は全てを知り尽くしてしまうと、自分のモノになったと満足し(勘違いし)、もうそれ以上、その女性に対する興味が湧かなくなってしまう性質を持っています。

いわゆるアレです…。
ヒトも動物っていうことで、”狩猟本能”とやらが消え失せてしまうのです。


でも、女性だって”謎めいた男”には興味津々になりますよね?

この手の問題は「男だから」「女だから」ということではなく、恋愛心理の鉄則なのです。

追われる恋の鉄則!

自分のことをすべて教えない

  • 休日の過ごし方
  • 友だちとの関係
  • 学生時代の話
  • 過去の恋バナ

などなど、つい喋っちゃいそうなことこそ”秘密”にしておく効果アリ。


頑なにすべてを内緒にする必要はありませんが、デート中の会話が途切れたときなど、その場を取り繕うとして自分の情報をペラペラ提供した結果、飽きられて失敗しちゃう女性は多いのです。

また、厄介なのは「私のすべてを知ったうえで愛して欲しい」という女心…。それではダメなんです…。

彼の知らないミステリアスな部分を残すことが、”追われる恋をするオンナ”になる第一歩

2.微妙な距離をキープする

微妙な関係なカップル

男性からプレゼント攻撃をされたり『ごめん』って断っているのに何度もデートに誘われたりすると、やっぱり求められていることを実感できるので気分は良いですよね。


でも…、誰もがオトコからの積極的なアプローチを受けられるわけではありません。世の中、不公平なんです。

好きな人に振り向いてもらえない不幸な女
熱烈にアプローチされる幸せな女

まったく違うタイプの女性が存在します。

では、「不幸なオンナ」「幸せなオンナ」それぞれの女を取り巻くオトコたちの行動パターンから、両者の違いを振り返ってみましょう。

男が必死にアプローチするのはナゼか?

なかなか落ちてくれないから!

ターゲットの女性とは何とか上手くいきそうな手応えを感じているのに、良いところでスッと逃げられちゃうと男は追わずにいられません。

これは、目のまえに人参をブラ下げられたお馬さんのような状態。『どうしても手に入れたい』と必死になったオトコは、次から次へと貢物や愛を”幸せなオンナ”の元へと運びます。

反対に、男が追わないのはナゼか?

簡単に手に入っちゃうから!

『私もアナタが大好きよ』と瞳をキラキラ輝かせ、自ら身を捧げる”不幸なオンナ”は何の努力をする必要もなく手に入るので、オトコは拍子抜け…。


ゲームでも手強い敵を相手にするほど『よしっ!次こそ倒してやる!』と、闘争本能がメラメラ湧いてくるのと同じ。簡単にクリアできるモノって、すぐ飽きちゃうんですね…。

追われる恋愛をするためには、オンナが”難攻不落な存在であるべき”なんです。

とはいっても、こんなタイプは困りもの

ずっと”落ちない女”!

好きな女性に告白することを諦める男

アノ手、コノ手と男がガンバっても”高嶺の花”を貫きとおし、ピクリとも脈を感じさせない女性を相手にするのは疲れます。『成功率は低そうだ…』と、早々に諦めてしまう男性は少なくありません…。

もし、追われることを意識しすぎるあまり”逃げすぎている”のならご注意を!その作戦は失敗に終わり、”追う立場”に転げ落ちちゃうかも…。


結局のところ、男心を離さず長く興味の対象になりやすいのは、「気がありそうなのに”両思いの確信”を与えてくれない女性」なのです。

追われる恋の鉄則!

手が届きそうで届かない女でいること!

  • 誘われても、すぐにOKしない!
  • でも笑顔での対応は忘れない!

「突き放す&受け入れる」
この2つのアンバランスな対応を組み合わせることが成功の秘訣。

3.相手に決定権を与えない環境をつくる

どんなに相手のことが好きでたまらなくても、意識的に”彼の優先度を低くした行動”を心がけます。

なぜかというと、追いかける立場になる女性は100といっても過言じゃないくらい”好きな人が最優先の生活”になってしまいますよね?

だから、追われると逃げたくなる心理が男性のなかで働いてしまい、永遠に終わらない鬼ごっこのような状態に陥ってしまうのです。

追いかけっこするカップル

”負の連鎖”を断ち切る方法

誘われても2回に1回は断ること!

彼に恋のリードを握らせず、ジラすことが大事。


また、恋愛だけにのめり込んで依存することを避けるためにも、彼氏が一切、立ち入ることが出来ない”時間や場所を作ること”をおすすめします。

追われる恋の鉄則!

自分から誘うことも忘れない

誘いを断り続けるとカレの気持ちが離れてしまうため、たまにコチラから誘ってみるフォローも大事!

4.彼の機嫌をとらない!
何でも言いなりにならない

本を広げ説明する女性

好きな人に愛されたい一心で機嫌をとり、相手の顔色を伺っては『うん、わかった』と、何でも言いなりになっていませんか?

それでは、”都合のいい女”から抜けだせず、追われるなんて夢のまた夢…。


嫌なことはイヤと伝え自分自身を大事にしてあげることで、はじめて彼もアナタと対等に向き合うようになるのです。

顔色ばかり見ているとナメられてしまいます…


追いかける恋ばかりしてきた女性は、自分を犠牲にしてでも相手を優先することが当りまえになり、感情を押し殺すクセがついていますが、普段から『私はこうしたい!』とハッキリ意思表示することも大切。

追われる恋の鉄則!

自分の要望を伝える!

5.恋だけに執着しないこと

彼以外のことが考えられず、”恋愛ばかりに気が向いてしまう”と、仕事や勉強などが疎かになりがちに…。

でも、そんな偏った生活を続けていると内面的な魅力がダウンし、ますます好きな人に振り向いてもらえなくなっちゃうかも。


  • 仕事のスキルアップを目指す
  • 趣味のレベルアップに励む
  • 優しさや思いやりをもって人と接する

彼のことで頭がいっぱいなときは、これらの努力を忘れていませんか?


彼に良く思われるために外見ばかり飾っていても、仕事に対する姿勢がルーズだったり、ダラダラと休日を過ごしていたり、常に不平不満ばかり並べていては『中身がつまんない人』と思われてしまいます。

恋以外のことを疎かにせず、ライフスタイル全般を常にプラスの方向へ持っていくことでキラッと輝き、好きな人の目にも魅力的に映るハズですよ☆

夕日の下、見つめあうカップル

余裕をつくるため恋は焦らずに☆

好きな人に愛されている自信が持てないタイプの女性は『浮気されたらどうしよう』『これ以上、嫌われたらどうしよう』という不安が募り、以下のような行動をとってしまいます。

  • 離れたくないから、彼が疲れていても遅くまで帰らない
  • 特別な存在になりたいから、極端に尽くしてしまう
  • 愛されたいから、彼の言うこと全てにYESと答える

でも、心の余裕を失っているときの行動は、結局のところ彼を遠ざけてしまうことに…。


また、このタイプの他にも”追いかける恋に自ら飛び込んでいく女性”がいます。

それは、相手の気持ちがどうであれ『とにかく自分の愛を彼に伝えたい!』と、全身全霊で突き進んでしまう性格で”男性に追わせる隙を与えないタイプ”。

少しくらい時間をかけても彼は逃げないのに、とにかく恋の進展を急いでしまうのです。

自信がないタイプなら

『ゆっくり愛されればいい』と考える

猪突猛進タイプなら

”愛は小出しにしたほうが長続きすること”を知る

タイプこそ違いますが、両者に共通する”焦り”を克服することが、なによりも追われる恋の近道に!

一度、一方通行の恋愛から抜けだしてしまえば、後はコッチのもの!近いうちに主導権を握って、追われる恋の幸せを味わえるハズですよ