サイト内検索ボタン
デートの服装・成功失敗アイテム2パターン完全ガイド

デートの服装・成功失敗アイテム2パターン完全ガイド

デートの服装って悩みますよね。もし、今、彼氏とのデートに着て行こうと思っているのが派手なギャル系の服なら、もう一度、クローゼットの中の服と相談してみて!本気で好きな人とのデート服は清楚系が成功します。

デートの服装は恋の行方も左右する

デート前日や当日、家を出る時間ギリギリまで鏡の前でファッションショー状態に陥っている女性も多いのでは?

好きな人や彼氏とデートするときは自分好みのアイテムを選んで自己満足に浸るより、男性目線を意識した服に身を包むと好感度がアップしますよ。

今回は男性の意見を聞いて、デートの服装「失敗パターン」「成功パターン」をピックアップしてみました。

これが鉄板!成功するデートの服装

男性が好むデートの服装はパターンが決まっているので、幾つかのポイントを押えておけばデート前の服選びがラクになります

男性はトレンドを押さえた最先端のオシャレな服より、安心感のある「定番スタイル」を求めています。では、好きな人の目に、もっと魅力的に映る「デートの服装・成功パターン」を紹介します。

▼清楚系ワンピース

男性にとって嫌う理由が見つからない、成功率100パーセントのデートファッションが「清楚系ワンピース」です。多くの男性の頭の中には、女性らしいファッション=ワンピースという方程式ができあがっていて、特に可愛らしく見える服装のひとつなんです。

もっと成功率を上げるポイント

・シンプルなデザインを選ぶ
・明るい色を選ぶ(白やパステルカラー等)
・春夏は麻・綿など清涼感のある素材
・秋冬はニットワンピなど温かみのある素材
・カーディガンを羽織って上品コーデにする

初デートや片思い中の好きな人とのデート服にワンピースを選ぶなら、奇抜なカラーの派手系やフリフリした可愛いブリッコ系のワンピではなく、白地に紺色のライン、ベビーピンクやベビーブルーなど淡い色に白ラインなど、上品で清楚なイメージになるアイテムで男心を掴んでください。

また、ワンピースを着るときは、薄手のタイツやストッキングで肌感を出すとさらに好感度とデートの成功率がアップ。

▼ビッグシルエットのシャツ

デート服の成功ポイントとなる「キッチリ感」「抜け感」の絶妙なバランスを備えているアイテムが男性ウケも抜群のビッグシルエットのシャツ。

ピッタリサイズのシャツはガードを固めている印象を与えるため、無意識のうちに距離をとられる可能性があります。その点、ゆったりシルエットの服装はリラックスしている雰囲気や隙を感じさせることができるので、男性は積極的に接してくるようになります

もっと成功率を上げるポイント

・色は清潔感のある白かネイビーを選ぶ
・胸元はざっくり開いたタイプを選ぶ

また、ビックシルエットのシャツをワンピ風に着ると身体が華奢に見えるので、男心をくすぐる効果が倍増します

▼膝丈のお嬢様スカート

ワンピースと並んで男性ウケするデート服の王道アイテムが、適度な露出感があって女性らしさをアピールできる「膝丈スカート」です。

もっと成功率を上げるポイント

・トップスはスカートにインする
・膝が半分見える丈がベスト

膝丈は保守的で地味なイメージですが、デート服にはベタなほうが男性は喜んでくれるのです。

▼ショートパンツ

好きな人とデートするときは、ちょっとだけ肌を見せて魅力をアピールしたいですよね。しかし、露出度が高すぎる超ミニスカートを履いていると、階段やエスカレーターを利用する際に彼も自分も気になってデートに集中できないことがあります。

その点、ショートパンツなら下着が見える心配が少ないし、ブーツコーデができる季節なら「絶対領域」をアピールできるので健康的でセクシーな魅力がアップ

もっと成功率を上げるポイント

・レース柄の上品なタイプを選ぶ
・スカートっぽいAラインタイプを選ぶ

ショートパンツは特にアクティブなデートでの成功率が高く、遊園地やBBQデートには外せないファッションアイテム。選ぶ素材やデザインによって「元気系」「清楚系」と印象をガラリと変えることが可能なので、デートプランに合せて数パターン用意しておきましょう

▼シフォン素材のトップス

  • 柔らかさ
  • 清潔感
  • 透け感

「女性らしさを感じるファッション3つの共通点」を全てクリアするのがシフォン素材です。女性らしい雰囲気を醸し出すことができるシフォン素材はトップスにもボトムスにも使えますが、メルヘンチックになり過ぎないように「適度な膨らみ」をモットーにして下さいね

もっと成功率を上げるポイント

・清潔感のある白や淡い色を選ぶ

上品さも女性らしさもアピール可能な最強素材のシフォンは、高級レストランなど上品なシチュエーションのデート服に最適なので1点は持っていたい便利アイテム

▼フラットシューズ

フラットシューズ

歩きやすくて足に優しいフラットシューズは、男性ウケのいいデート服アイテムのひとつ。自分より背が高い女性に対してコンプレックスを抱きやすい男性は、高いヒール靴よりもペタンコ靴でコーデしてくれると安心してデートを楽しむことができるのです

「女の子らしくて可愛い」「フラットシューズなら歩き中心のデートでも安心」「僕は背が低くて、彼女がヒール靴を履くと身長を越されるのでペタンコ靴でのデートは嬉しい」と、いう男性の意見があります。

どんなシーンでも対応できるデートの服装に「フラットシューズ」は欠かせない鉄板アイテム。スニーカーとは違って、デザインが女性らしいのもポイントが高い理由のひとつ

▼タイトスカート

大人っぽさをアピールできるデート服のボトムスは「タイトスカート」です。女性らしい曲線をアピールできることから男性ウケは最高です。いつもと違った雰囲気で好きな人や彼氏とデートを楽しみたいときは、タイトスカートで大人っぽさを演出し、デートを成功に導きましょう

▼ハイネックのノースリーブ

男性が色気を感じるアイテムが「タートルネックのノースリーブ」です。タートルネックで肌を隠しているのに肩を大胆に出している“矛盾”が頭を混乱させ、男性をドキドキさせる必殺アイテムなんです。

「タートルネックの清楚感とノースリーブの攻めている感じが好き」という男性の声が多いので、気合を入れたいときのデートの服装には上品な色気をアピールできるノースリーブのタートルネックスタイルがおすすめ。

袖が長いトップス

いわゆる「萌え袖」です。長い袖から少しだけ手を出している姿は、男性の目には小動物みたいに映り「かわいい」と評判なんです

もっと成功率を上げるポイント

・大きめサイズのカーディガンを選ぶ
・「萌え袖」から出した手を、顔の近くに持っていく

同性には「ぶりっ子」にしか見えない萌え袖も、男性にとっては「堪らないファッション」のひとつなので、デートの服装で取り入れないなんてもったいない!

デートの服装ガッカリ失敗バージョン!

男性と女性ではファッションでも感性が大きく違うので、自分が「かわいい」と思って選んだアイテムが不評で大失敗に終わることがあります。

では、男性にはウケが悪い「失敗しやすいデートの服装」をピックアップします。

▼デニムやカーゴパンツ

本来は作業着として生まれたデニムやカーゴパンツは、バーベキューやピクニックで服が汚れる可能性のあるデートなら構いませんが、彼と街中を歩いたり、食事や買い物をすることがわかっているデートにはキレイ系のファッションを選ぶべきです。

あえて、メンズライク過ぎる服を選ぶのは止めておきましょう。

▼レギンスやトレンカ

レギンスを履いている女性

生足に自信がないときやスカート丈とのバランスをとりたいときに活躍する「レギンスとトレンカ」は女性には人気ですが、長年、男性には不評のファッションアイテム。

スカートやショートパンツの下に履くトレンカ等は「モモヒキにしか見えない」「足が太く見える」と、厳しい意見が多数。

デートを成功させたいのなら、適度な露出は欠かせません。もし、ミニスカートの下に何か履きたいのであれば、もっと透け感のあるストッキングやセクシーな印象を与える柄の薄手のタイツにして、彼をドキッとさせる要素を作ってください。

また、レギンスはカジュアルな印象が強くなって普段着っぽく見える点も失敗ポイントのひとつ。

▼スウェットパンツ

最近ではオシャレなスウェットアイテムが増えてきましたが、まだまだ部屋着のイメージが強いので「スウェット素材のパンツ」はデート向きではありません。

部屋着用じゃなくてもスウェットのズボンは手抜きコーデに見えやすく、女性らしさにも欠けるので、ロマンチックな展開を望むデートには着て行かないのが無難。スウェットコーデでデートに来られたら「今日は気合いが入っていないんだな…」と、勘違いしちゃうかも…。

▼アニマル柄モチーフ

ヒョウ柄のベスト

「ヒョウ柄」「ゼブラ柄」など、アニマル柄は高級感や個性を出せるファッションではありますが、男性ウケは良くありません。特に肉食系の女性が身に着けているイメージがあり、主導権をガッチリ握る「強い女」に見えるのです。

できればデート中くらいは「狩り」を行う肉食系動物の柄を纏(まと)って欲しくない、というのが男の本音。

▼歩きにくそうなヒール靴

赤いヒール靴

女らしさをアピールしながらスタイル良く見せるために、ヒールが10センチ以上もある靴をデートに履いていくのは考え物です。

高すぎるヒールは威圧的で怖く見えるうえに、彼女が歩きにくそうにしていると、必要以上に気を遣うことになるので、「デートには最も履いてきて欲しくないアイテム」なんです。

失敗ポイント

・長時間歩けない
・歩く道を選ぶ必要がある
・小まめな休憩が必要
・身長が彼氏より高くなる場合がある

多くの男性はハイヒールを履くことがないため、どれだけ歩きにくいのか足が痛いのか想像しかできません。だから、気を遣いすぎてデート中に気疲れする人は多いのです。

デートのために新しいヒールの高い靴を買いたくなる気持ちは分かりますが、なるべく履きなれたヒールの低い靴をチョイスしてください。

▼ワイド系パンツ

スカートのようで、実はパンツスタイルのガウチョやスカンツなどは定番アイテムとなりつつありますが、ファッションに対して保守的な意見をもつ男性は「変わり種ファッション」をなかなか受け入れることができません。

男性は分かりやすい王道ファッションが好きな傾向にあるため、捻りを利かせた服装でデートに来られると戸惑いを感じるのです。またワイド系のパンツは「スカートに見えたのにズボンだった…」という点も興ざめポイント。

▼全身ピンクコーデ

全身ピンクのファッション

女性らしい色と言えばピンクを想像する人も多くいますが、デートに気合いを入れ過ぎて“全身ピンク”になったら男性はドン引き。正直、ファッションセンスを疑われるかもしれません…。

男性が好むファッション傾向は保守的で地味めなので、ハデな格好で隣にいられると恥ずかしくて堪らないのです。デート服にピンク色を取り入れたいのなら、配分に気を付けましょう。

ギャル系の服装

ギャル系のファッションをした女子

セクシーで大人っぽさ演出したいからと、デートにギャル系の服装で行くのはお待ちください。女性にピュアな面を求めていて、遊び人風のイメージが強いギャル系ファッションに拒否反応を起こす男性は多いのです。

特に、背中、肩、足の露出度が高すぎるギャル系ファッションは「男や恋愛に慣れている印象」を与え軽く見られるので、真剣に付き合いたい男性とのデート服には選ばないのが無難。

▼サルエルなど超ゆったり系の服

体型をカバーするためにサルエルパンツやドルマンスリーブ等、極端にゆったりし過ぎて身体のラインがまったく出ないファッションも、デートでは男性からの受けがいまいち。

特にサルエルパンツは「個性的過ぎる」「短足に見える」と、苦手意識を持つ男性は少なくないので、デートには向いていないファッションアイテムと言えます。

攻めると失敗!デート服は王道コーデが正解

好きな人に可愛くキレイに見てもらうためにデート服を選んでいるとき、悩んだ末に決めたのに、突然「やっぱり似合わないかも…?」と、自信がなくなってしまうことってありますよね。

でも、迷ったときほど王道に戻ることを忘れないでください
男性のファッションの好みは今も昔もあまり変化がないのでトレンドを意識するよりも、ずっと昔からあるベーシックなアイテムを着ていけば好きな人とのデートの成功率がアップしますよ。

おすすめコンテンツ

UPDATE

Let's Share ~友達に教える~

Twitter
Facebook
Google Plus
はてなブックマーク
LINEで送る

Author ~この記事を書いた人~

麻生れいこ

恋愛、美容、ライフスタイル等、コラム全般を担当。お役に立てる情報をお届けしたいです。特技は早起きです。