婚活パーティーの服装・出会った瞬間に男心を掴むコーデ

婚活パーティーで着て行く服装によって成功率はグンと上がります!一体、どのようなコーディネートが男性の心をグッと掴むのでしょうか?第一印象が全てを決める婚活パーティーで男ウケのいい服装を紹介。

婚活パーティーの服装・出会った瞬間に男心を掴むコーデ

婚活パーティーで成功する服装・失敗する服装

少し前までは“お見合いで結婚すること”はマイナスなイメージを抱かれやすかったのですが、今や婚活パーティーで結婚相手を見つけるのは何も恥ずかしいことではありません。むしろ、結婚した女性で婚活経験のある割合は10パーセントと既婚女性が10人集まれば、1人は何かしら婚活イベントを活用しているほど珍しいことではなくなりました。

短時間で勝負を決めなければならない婚活パーティーでは第一印象が重要で、男性ウケが悪いファッション、TPOを踏まえていない服装、ダサい服装で参加してパッとしない印象を与えたら、その後に悪いイメージを挽回するのは至難の技です。

服装は「アナタのイメージに直結する」ため、婚活パーティーの服装には細心の注意を払う必要があるのです。婚活パーティーの場で将来のパートナーと結ばれるためには”会った瞬間に男のハートを掴む服装”で参加することが成功の鍵となります。

では、男性から「好印象を持たれる婚活パーティーの服装」と「残念な印象を与えるNGパターンの服装」を紹介します。

婚活パーティーの服装/清楚系

まずは、婚活パーティーでの成功率を最も高める“清楚系ファッション”を紹介します。

大人しくて慎ましく見える清楚系は男性から断トツの人気を誇っていますが、コーディネートや服のチョイスを失敗すると地味になり過ぎるデメリットがあるので要注意です。

男性ウケ抜群のワンピースを着る/成功例

白いワンピースを着た女性

清楚系の代表的なアイテムといえばワンピースです、トップスとボトムのバランスを考える必要がなく、一着でコーデが決まるワンピースは、お洒落センスにいまいち自信がない女性にとっても強い味方です。

ワンピで清楚なイメージを演出したいのなら、白色やパステルカラーなどの明るい色を取り入れて、リボンやレースなどは大袈裟にならないようにワンポイントで使う程度に留めて下さい。

また、流行やトレンドは意識しないで王道スタイルを選ぶのが成功の秘訣です。

婚活で成功しやすい清楚系の服装

・膝丈
・色は「白・紺・パステルカラー」
・シンプルなベージュのストッキング
・リボンやレースはワンポイント使い
・タイトになり過ぎず膨らみ過ぎないシルエット

髪型はハーフアップや緩めにまとめた”若干”ヌケ感のあるアップが、おすすめです。毛先をゆるく巻くなど、選んだワンピースの雰囲気に合うようにセットして下さいね

真面目系にシフトし過ぎる/失敗例

眼鏡をかけたスーツ姿の女

カチッとし過ぎる服は堅苦しく近寄りがたいイメージを与えるので、声を掛けられなくなるなど失敗するパターンに陥ります。また、清楚だからと色をシックに抑えすぎると地味で目立たなくなるデメリットがあります。

婚活パーティーでは男性の目に留まらなければ何も始まらないので、色選びには注意して下さいね。

婚活で失敗しやすい清楚系の服装

・スーツ
・マキシ丈のスカート
・太いフレームの眼鏡
・モノトーンのワンピース
・ボタンを上まで全部留めたシャツ

婚活は就職の面接会場ではありません、キッチリとしたイメージは決して悪くはありませんが女性らしさや華やかさに欠けるため、結果的に婚活の失敗パターンにハマります。

婚活パーティーの服装/カジュアル系

着飾って気合いが入り過ぎている女性よりも話かけやすい雰囲気を出すメリットがあり、普段に近い自分をアピールできるので、気が合うかどうかの判断がつきやすいですよね。でも、気楽な印象を与えるカジュアル系の服装には落とし穴があるので要注意。

カジュアルでも品を忘れない/成功例

フェアリースカートを身に纏った女性

気合いの入れ過ぎもドン引き対象ですが「気合ゼロ」と勘違いされるほど「気を抜いた服装」は婚活会場では浮くので印象ダウンはまぬがれません…。

男性とカジュアルなレストランでデートするときに着て行く服をイメージしてくださいね。

婚活で成功しやすいカジュアル系の服装

・ニットワンピース
・ふんわりしたスカート
・ストッキング又はタイツ
・シフォン素材のカットソー
・小ぶりな柄のあるワンピース

清楚な服装をベースに考えながら、プラスαで自分らしさや今年のトレンドを取り入れると、婚活パーティーで受けのいいカジュアルな服装になるので、外しすぎないように気をつけてくださいね。

完全な普段着/失敗例

ラフな格好の女性

やはり、同じカジュアルでも完全な普段着で行ってはNG!他の着飾った女性と比べると見劣りするし、何よりも女性らしさに欠けるので、男性からの支持は集まりにくいのです。

婚活で失敗しやすいカジュアル系の服装

・デニム
・レギンス
・スニーカー
・ダボっとした服
・カーキーなどカジュアル過ぎる色合い

  • 安っぽい
  • だらしない
  • 品がなさそう

婚活パーティーでカジュアル過ぎて浮いた服装をすると、いいイメージは持たれません。気の合う男性と付き合うことになれば、必ず私服を見せる機会はやって来ますので、それまでカジュアル過ぎる服装は控えましょう。

婚活パーティーの服装/フェミニン系

年上の男性を狙う女性なら服装を大人っぽくする人も少なくはありませんが、大人っぽい服装にも成功例・失敗例はあるのでしっかりチェックしましょう。

シンプルで質の良い服/成功例

シックなファッションをした女性

大人っぽさを出すのであれば服の質にもこだわりを持つことも大事になりますが、派手にブランド物だと分かる服は「下品なイメージ」を持たれるパターンもありますので、シンプルにまとめて「上品なイメージ」を持たせることが成功のコツですよ。

婚活で成功しやすい上品系の服装

・シックなショール
・パールアクセサリー
・3~7センチのヒール
・優しい色合いのシンプルなワンピース
・ブランドのロゴが分かりにくい小ぶりのバッグ

一見シンプル過ぎて地味に見えても、質のいい服装にすると品が出るので男性からも『知性的な雰囲気がする!』と好印象になりますし、ブランド物と分からないようにすると、男性に変なプレッシャーも与えないのでいい印象をキープできるのです。

ブランドを主張する服/失敗例

白いドレスを身に着けた女性

大人っぽさを勘違いして露出が多い服装はNG。確かに男性の視線を集めることはできても、恋人まで発展しにくくなりますし、ブランドとすぐに分かるような服装では、男性からは『結婚したら、お金がかかりそう…』と敬遠されるだけで、結婚相手の候補には選ばれにくいのです。

婚活で失敗しやすい上品系の服装

・短すぎるスカート
・胸元が開きすぎている
・ブランドのロゴが大きく入ったバッグ
・全身ブランド物とすぐに分かるような服

結婚相手を探す婚活パーティーで、男性が女性に求めているのは“家庭的な安定さ”です、見た目で「お金がかかりそうな女性」をアピールしていては逆効果となりますよ。

服装の系統関係なく気をつけるポイント

婚活パーティーの服装では系統別に気をつけるポイントの他にも、共通した注意点があります。

服に汚れ・ほつれがないか

どんなに男性好みの服を着ていても、汚れやほつれが目立つと清潔感がなくなるので、服を着る前に全体をチェックしておくと、成功する確率がグッと上がります。

服装の清潔感を決めるポイント

・汚れがないか
・シワが付いていないか
・毛玉が服に付いていないか
・防虫剤の臭いが染み付いていないか

ずっとタンスの肥やしになっていた洋服を着る時には特に注意してください。

婚活パーティーに来ている男性は、アナタの服装から普段のライフスタイルを見ていますので、だらしない服装では家事が出来ない女性だと思われることもありますので気をつけてくださいね。

タンスに収納されている洋服

男ウケが悪いファッションはNG

どんなにオシャレでも理解されにくい服装は婚活の場面でマイナスイメージを持たれます、男性は流行よりも普遍的な王道なファッションを好む傾向がありますので、最先端のファッションで行くよりもどこでも使える無難な服装で挑みましょう。

男性に理解されにくいファッション

・サンダルに靴下
・柄モノのタイツ
・ガウチョパンツ
・ハイウエストのパンツ
・フレームが大きすぎるメガネ

ワンピース、スカート、シフォン素材のブラウス…など、絵に描いたような女性らしい服装が婚活では重要になるので、男性ウケの悪いアイテムは外していくことが大切です。

慣れない靴は履いていかない

服装をバッチリ決めても見落としがちなのが履いていく靴で、可愛らしい女性的な靴も大切ですが、婚活パーティーでは立食が多くて大人数で行う場合は移動も多いので靴ズレを起こして歩けなくならないように注意してくださいね。

靴で失敗しないためのポイント

履き慣れている靴をキレイにして出かける

いつも履いている靴であれば長時間立っていても安心ですし、新品の靴ではいつどんな風に痛くなるか予測できないので、ヒールを履きたい時はなるべく高さのないものを選んでください。

婚活パーティーでは服装が運命を左右する

婚活ではルックスが優れている人が成功しやすいわけではなく、相手の男性への第一印象がモノを言いますし、パッと見たときのイメージを決めるのは「服装」や「髪型」ですよ。

婚活における成功パターンを知っておくだけでも、今後婚活で知り合った男性に持たれるイメージが大きく変わりますので、まずは自分に合った男性に好かれる服装を用意してから挑んでくださいね。