好きだけど別れたい・ 納得できない隠された理由

「愛しているけど一緒にはいられない」って、ドラマの台詞じゃあるまいし!でも、実際にこんな事が起こっちゃうから恋愛ってホント厄介です!愛し合っているのに、どうして彼氏は別れを切り出して来たのか?

好きだけど別れたい・ 納得できない隠された理由

「好きだけど別れたい…」謎の言葉に隠された本心

付き合っていた彼氏に突然「好きだけど別れたい」と、一方的に言われたら「はい、分かりました」と、素直に納得できますか?

実際にこのようなケースで別れを告げられ、彼氏が消えてしまうなんてことが世の中の恋愛にはあるのです。どんな事情があるにせよ、理由くらいは知りたいですよね。

理由がわからないままでは「自分に欠陥があるのかも?」と、自信を失くして新しい恋に進めないことも…。また、復縁できる可能性があるのかどうかも気になるところ。

「好きなのに、別れたい」なんて矛盾したことを言ってくる彼氏が、心に秘めている「本心」探ってみましょう。

1.経済的な理由でデートもできない

財布の中を見る男子

社会人に限らず、学生にも多いパターン。

金銭的にカツカツ状態になってしまい、交際を”続けたくても”続けられない事情を抱えています。特に見栄っ張りなタイプの男性は「経済的に苦しいから」という理由を、正直に彼女には告げられません。

もし、事情を知った彼女から「大丈夫よ」と、同情されるのは”屈辱”と思っているため、どんなに理由を問い質しても口を閉ざしてしまいます。

また、別れを告げるレベルまで達してしまった彼の経済状態では、実際に交際どころではないはず。よっぽど「お金がない」のかも。

解決策は?

相手が経済的に持ち直して自信が持てるようになるまで辛抱強く待つ…。

でも「待っている」という言葉は、彼に強いプレッシャーを与えてしまうので少し離れた位置で見守ることをおすすめします。

2.精神的に不安定になりツラくなった

精神的に参っている男子

仕事や人間関係につまずいて精神的に追い詰められてしまっている場合、恋愛関係さえも重たく感じてしまうことがあります。

彼女のことを嫌いになったのではなくて好きな人を幸せにする自信さえも失ってしまい、人とのコミュニケーションをとること自体がツラいのです。

解決策は?

非常にデリケートな問題なので「なぜ?」と、しつこいアプローチで刺激するのは逆効果。
—————————————————-
現代病と言われている「うつ病やパニック障害」などは、周囲が温かい気持ちで黙って気長に見守って行くしかありません。

3.本当は他に好きな人ができてしまった

これはタチが悪いオトコの作戦です!他に好きな人ができたのなら「なぜ正直に言ってくれないの?」と思うでしょうが、気の弱いズルい男性はモメることを恐れているのです。

でも、それは恋のルール違反!恋人としての時間を共有して過ごしてきたカノ女に、きちんと最後くらい向き合って別れるのがオトコってもんです!

彼は他に女がいる

解決策は?

誠意のない男性のことは捨てたほうが良い!
—————————————————-
【このタイプの男!ココに注意!】
他の女性と上手く行かなくなると何ごともなかったように戻ってくる特徴がある!

4.遠距離恋愛で心が離れてしまった

残念ながら物理的に遠く離れてしまうと頻繁に会えなくなるため「嫌う」まで気持ちは冷めてはいないけど「付き合い続ける想いがなくなってしまう」ことは珍しくありません。

また、新しい環境に身を置いたカレは周囲に順応するために神経を使ったり、新しい生活に慣れようと必死になっているうちに「寂しい」というよりも、彼女に向きあう余裕がなくなってしまうことも。

解決策は?

彼を失いたくないなら、無理をしてでも会う機会を作る!

5.怪しいものにのめり込んでしまった

違う世界へ良く男

「宇宙からパワーを貰うんだ」など、ちょっと理解できない占いやスピリチュアルなことに彼が夢中になってしまい「星からお告げがあったから…」などと、意味不明な理由が潜んでいることも、実際になくはないのです。

これは、別れる理由としては一番厄介かも。今までと考え方も行動もまったく変わってしまうこともあり、彼が信じていることを非難すると逆ギレされる恐れも…。

解決策は?

「さわらぬ神に祟りなし」
※この場合、サッと別れて身近な人に相談を!
—————————————————-
※彼と一緒にいるためには、信じているものから引き離すor自分も一緒に未知の世界に足を踏み入れることを強要されるかも。

6.既婚者なので一緒にはいられない!

子供を抱く男

これは問答無用で別れましょう。こういう場合、男性は「ものスゴく君のことが好きなんだけど…」などと曖昧なことを言って、彼女に未練を残すようなことを言うべきではないのです!

もともと結婚していて、何のケジメもつけないうちに「恋するキモチは止められないから♪」と、アクセル全開で女性を巻き込むこと自体が間違っているのです。

例え、女性から「不倫でもOKよ」なんて誘われたとしても、家庭がある男性には「グッと我慢」を求めたいところ。

解決策は?

彼が危機的な状況に追い込まれない限り、別れを切り出してきたのにヨリを戻そうと近づいてくる可能性大!
—————————————————
※喜んで突き放しましょう!

時が解決してくれることを信じよう!

別れの理由はいろいろありますが「別れたい」と言われた場合は、深追いせずに少し離れて様子を見たほうが、結果的に良い方向へ事が進むかも知れません。

まだ好きな人から告げられる”別れの理由”に納得なんて出来ないものですが、もし、経済的なことやメンタルな問題で「仕方ない」と理解できるのであれば、受け入れることも「愛」なのかも。

二股かける彼氏や不倫相手の男性とは、スッパリ縁を断ち切って新しい恋に向かいましょう!