バチッと静電気が起こる原因&対策!バチバチは不健康のサインかも!

パチパチとうるさいし髪もしっかりまとまらないなど、様々な悩みのタネとなるあの現象。実は放っておくと人体に悪影響を及ぼすってご存知ですか?しっかりとした防止対策をしないと、不健康の原因につながりますよ!

バチッと静電気が起こる原因&対策!バチバチは不健康のサインかも!

乾燥したらやってくる…
静電気の原因と対策をチェック!

空気が乾燥しがちな時期に発生しやすい静電気。物を取るときやドアを開けるとき、指が触れあった瞬間など、急にパチッとくるあの感覚、本当に嫌ですよね。

中には「私って静電気体質でさ~」と自覚症状のある女性も多いのではないでしょうか。


誰にでも起こる静電気現象。でも実は、静電気は不健康な人ほど起こりやすいってご存知でしたか?

 体内のカルシウムやビタミンCの流出
 免疫力の低下

たまに静電気が起こる程度なら問題はありませんが、静電気は人体にさまざまな悪影響を及ぼすことも…。

今回は、静電気が起こる原因とその対処法をご紹介します。

健康な身体を維持するためにも、正しい方法で静電気をこまめに防止しましょう!

静電気イメージ

1.そもそも静電気って何?

地球上の物質はすべて「+」と「-」の電気を持っています。このふたつは通常、均衡が取れているため安定しています。

しかし、摩擦や強い力などが加わると、「-」の電気がはがれ、物質には「+」の電気が多く残ります。これが電気を帯びた、帯電状態と呼ばれる状態。


静電気の仕組み

帯電状態で電気を通しやすい金属などの物質に触れると、「+」電気は電気を通しやすい乾燥した空気を利用して、物質に残る「-」電気と結合しようとします。

その現象こそが、静電気と呼ばれるのです。

2.静電気が起こりやすい原因!

全く静電気を感じない人と、すぐにバチバチしてしまう人。その差はどこからくるのか2つの原因を探ってみましょう!

1.血液が酸性化している

静電気が起こりやすい人には、肩こりや冷え症、腰痛などの症状に悩まされている傾向があります。理由は血液がドロドロになり、酸性化しているから。

血液が酸性化すると血液中のマイナスイオンが減り、身体が帯電しやすい状態となって、静電気を溜めこみやすいカラダとなってしまうのです。

これらの症状は日頃の生活習慣の乱れによって引き起こされます。不規則な生活や食習慣を長く続けているなら、いつしかアナタも静電気体質になってしまうかも…?

2.水分不足である

空気が乾燥しやすい時期は冷えることが多く、暖かい夏の時期と比べると飲み物を口にする回数が自然と減ってしまいがち。

暖房の効いた部屋では空気中が乾燥します。また、睡眠時にもたくさんの汗をかいているので、気づかないうちに体の中の水分が不足している状態になっていることも。

乾燥すると電気が流れやすい状態になります。つまり、体内の水分不足は帯電しやすいカラダを作っているということなのです。

水を飲む女性

3.静電気を改善するには?

メカニズムや原因を理解したら、次はあのバチバチを防ぐ5つのポイントをチェック!

1.こまめに放電させる

静電気による不快感を防ぐためには、電気を通しやすいものを触る前に、体内に溜まっている電気をまめに別のもので放電させることが大切。

放電に最適な素材は?

・コンクリート
・アスファルト
・レンガ
・木
・紙
・石

車や玄関のドアを開ける場合は、キーホルダーやカギを先に触れさせて静電気を防ぎましょう。絶縁体付きのものでは効果がないのでご注意を!

車のドアをロックする

2.生活習慣を見直す!

原因のひとつとして挙げたのが「血液の酸性化」ですが、これを改善すれば静電気体質も自然と改善されるようになります。

睡眠過多や栄養が偏った食事などで生活習慣が乱れている人は、この機会に生活習慣を見直してみましょう。

ポイントは?

・脂質の多いジャンクフードを控える!
・水分をこまめにとる!
・寝溜めの習慣をやめる!

肉類やジャンクフードの代わりとして、血液をサラサラにする効果のある野菜やイモ類、豆類などを積極的に食事に取り入れるのがオススメです。

野菜

乾燥を防いで帯電を和らげるだけでなく、血液サラサラ効果も期待できるミネラルウォーターをこまめに飲むと効果大!

また、食生活はもちろんのこと、睡眠過多によって生活リズムが崩れることも。長すぎる睡眠時間は余計に身体を疲れさせてしまい、布団との摩擦や身体の乾燥を招くので注意が必要です。

3.衣類の組み合わせに注意する!

静電気の発生を防ぐには、毎日の洋服選びも重要なポイント。マイナスを帯びやすいものとプラスを帯びやすいものを組み合わせると、よりバチバチしやすくなるのです。

静電気が発生しにくいのは?

同じ素材をチョイスした組み合わせ!

とはいえ、女性にとってオシャレは欠かせないもの。「絶対このコーデじゃなきゃイヤ!」という場合も多いですよね。

静電気が起きやすい組み合わせの場合は、静電気除去スプレーを活用するのも有効な手段。静電気でスカートがまとわりつく悩みも解消できますよ。

4.ハンドクリームを塗る!

最も静電気を感じるパーツといえばやっぱり「手」ですよね。手の乾燥は、静電気を発生させてしまう大きな要因です。

ハンドクリームをつけることで?

乾燥を防ぎ、帯電しにくくなる!

ハンドクリームを塗る女性

特に乾燥しやすい秋冬は、こまめにハンドクリームを塗って静電気対策を行うのがベスト!手を洗うというのも、手軽に静電気対策できるひとつの方法ですね。

手以外にも、髪の毛にヘアオイルをつけたり、身体にボディクリームを塗るなどして、徹底的に身体を乾燥から守りましょう。

5.観葉植物を置く!

置くだけでなんだか癒される観葉植物は、静電気対策にも効果アリ!その理由は、観葉植物から発せられるマイナスイオンにあります。

観葉植物のマイナスイオンが?

プラスを帯びた体内に、マイナス電気を補ってくれる!

また、観葉植物には乾燥を防ぐ加湿効果もあるので、静電気対策にはピッタリ!より効果が現れるのは葉っぱが大きめの植物。

オススメはマイナスイオンをより多く放出する「サンスベリア」。サンスベリア・ハニーという小さめのサイズもあるので、部屋に置くにもデスクに置くにも困りませんよ♪

サンスベリア

原因を突き止めて早めの改善を!

不健康な方はより静電気を溜めこみやすい…とお話しましたが、静電気体質を放置しておくと、余計にその体調が悪化してしまう恐れがあります。

つい「日常的によくあることだし…」と見過ごしてしまいがちですが、少しでもパチパチ感が気になるようであれば、今からでも電気を溜めこまない行動を心がけるのがベスト。

手軽にできる5つの静電気対策、ぜひ参考にしてみてくださいね

上へ戻る