付き合う前のデートだからこそ気を付けたい5つのこと!

正式には付き合っていない男性と何とか恋人関係になるためのデートの仕方を紹介。一緒に食事などする機会があるのならデートに行くまえに緊張しないデートプランをたてて!物足りないくらいが男心をグッと掴む!

付き合う前のデートだからこそ気を付けたい5つのこと!

油断は禁物!正式に付き合う前のデートはコレ注意!

気になる男性のことは何とかしてデートに誘いたいものなので、その夢が叶ってOKの返事を貰えたら嬉しくって気分が舞い上がっちゃうのも仕方が無いこと♪

しかし!喜ぶのはまだ早いのです!

「彼氏&彼女」として正式にお付き合いをするまでは何事も油断は禁物。彼に好感を持ってもらえるデートをしないと恋人同士になる前にお別れになってしまう可能性も…。

気になる彼と確実に関係をステップアップさせるために「付き合う前のデートで気を付けるべきこと」を紹介!

1.相手が話しやすい雰囲気作りをする!

喫茶店で彼と向かいあいながら笑顔の女性

付き合う前のデートだし、何とか好印象を残そうとして張り切ってマシンガントーク!『相手も笑っているしデートも成功♪』と思うのはキケン!

『沈黙は避けたい・盛り上げたい』という気持ちになるものですが、一方的に自分ばかり話しては『うるさいな…』『自分の話ばかりでつまらないな~』と、彼に思われてしまう可能性も!

付き合う前だからこそ重要なのは!

会話のキャッチボール!

彼が話ベタなタイプなら、あらかじめ質問したいことを考えておくなど話しやすい雰囲気を自分から作る努力は必須!

——————–

【楽しい会話にするポイント】

大切なのは用意した質問を投げかけ続けるのではなく、ひとつの質問から会話をどんどん広げていくこと
彼の答えに『うん』『そうなんだ』『へぇ』と相槌を打つだけじゃなく、彼の意見に対する感想などを述べて話を膨らませて!

2.短時間で終わらせるデートプランを考える!

付き合う前だからこそ慎重に選びたいデートプラン。

せっかく好きな人と過ごせるチャンスだからと、いきなり長距離ドライブや遠くのデートスポットを選ぶのはオススメできません!

紅葉の公園でベンチに座る男女

——————–
なぜなら!

▼お互いに性格やペースが掴めていない段階で長い時間、一緒に過ごすのって気を遣うことも多く疲れてしまうのでクッタクタに…。

付き合う前だからこそ重要なのは!

デートスポットは近場を選ぶ!

フラッと電車や車で気軽に行ける場所を選ぶのが正解!

緊張しながら息の詰まるデートを長時間するよりも「昼から夕方までにする」など『もう少し一緒にいたい…』と、物足りなさを感じるくらいのほうが次のデートにも繋がりやすい!

3.男ウケしないファッションに注意する!

最初のデートで派手なメイクにミニワンピで登場してはヒンシュクを買ってしまうことも…。

露出度が多いファッションは「軽い女」と思われてイメージダウンに!付き合う前のデートでは、その後の恋の行方にも影響するのでイケイケな雰囲気はNG。

肩むき出しの黒のドレス姿の女性

付き合う前だからこそ重要なのは!

清楚系なファッション&ナチュラルメイクを心がけて!

いきなり女の魅力で迫る必要はありません。デートを重ねるうちに徐々にセクシーな服装にしていったほうが男心をくすぐる効果あり!

4.ベタベタ触らない

「相手の身体をベタベタ触る・手を繋ぐ・距離を近づける」などの行為は、もう少し二人の心の距離を縮めてからがオススメ。

男性の中にはベタベタ触られることが苦手な人もいますよね?
でも『早く二人の距離を縮めたい』という焦りは裏目に出ることがあるので禁物!

付き合う前だからこそ重要なのは!

・男性からのアクションを待つこと!
※女性から積極手に仕掛けてはダメ!

『肩にゴミついてるよ~』ぐらいの、ごく自然でさり気ないスキンシップでストップ!

5.デート代は自分も支払う!

付き合う前のデートで一番大切なのが「お金」。

大きいがま口を持っている女性

女性としては好かれているかどうかのバロメーターでもあるので奢ってもらいたい気持ちは分かりますが「全部ゴチ」では、彼の負担が増えるので『こいつお金のかかる女だな…』と思われる可能性も!

付き合う前だからこそ重要なのは!

「割り勘」or彼を立てるために「6:4」ぐらいの割合で支払いを!

彼が『払うよ』と言ってくれたとしても、チョッとだけ多く出してもらう程度にしておけば次のデートへ繋がる可能性あり。もちろん感謝の気持ちを伝えることを忘れてはいけません!

チョッとした事に気をつければ失敗を避けられる!

付き合う前は『あんなことしたい』『こんな風に楽しみたい』という気持ちが先走ってしまい、相手の都合を考える余裕がなくなってしまいがち。

でもそんな時こそ『彼はあそこに行きたいって言っていたよな~』『そういえばこれが食べたいって言っていた!』なんて、これまで集めてきた彼の情報を思い出して気に掛けてあげるだけで失敗する確率がグッと減少!

自分だけが楽しむのではなく、彼にも楽しんでもらえることに心を配ってデートに挑んでくださいね♪

上へ戻る