キャリア志向が強くても男ウケする「魅力的な女性」になる方法

仕事にのめり込むあまり、後ろを振り返ってみると「男に避けられて独りぼっち」。「仕事はデキるけど女としてはチョッとね…」なんて悲しい展開にならないように、職場で男を魅了する本物のデキる女になる方法とは!

キャリア志向が強くても男ウケする「魅力的な女性」になる方法

職場で注目度アップ間違いなし!
魅力的な女性になれる5つの行動

バリバリ働きながらキャリアアップを目指しながら、女性としての魅力もどんどんパワーアップさせて、職場での好感度も上げたい欲張りな女性に!

心掛けておけば確実に、社内の男性から注目を浴びることができる「5つの方法」を紹介。

「忙しいときの自分ってどんな姿か?」など、自分の表情などを日ごろからチェックしておき「どう変化するか?」を把握しておけば、NGなことが見つかっても改善しやくなるはず!

「気遣い・笑顔・女性らしさ・変化」が、職場で「魅力的な女性」になるキーポイント!

1.小さな気遣いで和やかな雰囲気を心がける!

休憩時間や会話の際に、笑顔で相手を気遣うことによって場の雰囲気を和ませるなど、女性だからこそ漂わせることができるオーラ―を放つことができます。キャリア志向の女性の周りには、恐れおののいている男性社員が散らばっているはず。

会社の休憩時間

会社はストレスが多い場所なので、できるだけ「ホッと、気を抜ける時間」を作ってあげられるように心掛けましょう。

表情って雰囲気を大きく左右する!

返事をするとき、会話をするとき「笑顔でいよう」と心掛けるだけでもOK!

2.ランチには、お弁当を持っていく

「お給料だってそれなりに貰ってるし、ランチは外食よ」というスタイルを通していると「仕事ばっかりで家事はデキない女なんだな」と、勝手に判断されてしまいます。

それでは、男が寄って来ません!やはり男性は料理上手な女性には魅力を感じてしまうもの。手作りのお弁当を持参していると、会社の男性たちは意外とその内容もチェックしているようです。

なので、冷凍食品をただ詰めただけのお弁当はNG。便利な冷凍食品を利用するとしても、ひと手間加えて、いかにも「ちゃんと作っています」とアピールするために、お弁当の「見た目のクオリティアップ」を目指しましょう。自分だけ食べるなら、取りあえず味を気にすることはありません。

3.仕事以外の部分で女性らしさをアピールする

居酒屋で同僚と飲む

職場での飲み会やイベントなどで「取り分けとか、女性がすべき規則でもあるんですか?」と、男女平等を主張するのはチョッと待った!

これは、男性心理を考えると「魅力的な女性」として認めてもらうために必要な要素なのです。

食事の取りわけやお酒のお酌、後片付けなどを「頼まれたわけでもないのに」さり気なく出来ちゃう女性が、男性の目に魅力的に映ってしまうのは仕方ないのです。

逆に、これらのことをサラッと抵抗なくできるのは「男女の役割りを過剰に意識していない」ということでもあり、一目置かれる存在になれるかも!

普段あまり生活感をださないタイプの女性なら、そのような細やかな気遣いができる部分が「良いギャップ」に!

4.いつもとは「違うイメージの日」を作る

いつもパンツで仕事をしているならスカートを履いてみるなど、たまに定着したイメージをガラリと変える日を作ることで「視覚的な刺激」を与えましょう。

仕事する女性

「この人は紺とか地味なファッションが好きな人」という、固定観念を見事に打ち砕いてあげることで、新しい一面を知った職場の男性たちは、色んな想像力が掻きたてられ気になってしまうのです。

メイクや髪型でもイメチェンを!

5.「気持ちスイッチ」の切り替えを明確にする

いまや職場は女性にとっても戦場!会社には遊びに行っているわけではないので、次から次へと仕事が舞い込み、忙しくなるとイライラして言葉がキツクなってしまったり、表情が険しくなってしまうのは仕方がないことかも知れません。

しかし、それでは「なんか声かけづらいなぁ…」と、男性に思われて避けられてしまうことに…。

忙しくても休憩時間に入ったら「オンとオフ」の切り替えをして、周囲の人たちに笑顔で接することができれば、真剣に仕事しているときは「今は集中しているな」と、相手にも変な威圧感を与えることなく理解してもらえるはずです。