年下彼氏と結婚が上手くいく年上女の成功術6つの心がけ

年下の男性と結婚するためには「大人の女性だから身についている武器」を存分に利用しましょう。縮まらない年齢差を気にしてばかりでは、恋愛さえも楽しむことができません!

年下彼氏と結婚が上手くいく年上女の成功術6つの心がけ

年下オトコとの結婚が上手くいく秘訣

年下の彼氏と結婚する”オトナの女性”が増えていますね。年の差婚で話題を振りまくタレントさんはもちろんのこと、身近なところでも7歳、10歳…20歳以上も年上の女性と結婚する男性も珍しくなくなっているかも知れませんね。

年下のカレと結婚するカップルは男性が20代で初婚なのに対し、女性は30代後半、しかもバツ歴アリというケースも!

———-

年下男性と恋愛中で結婚願望を持っていながら、見た目やジェネレーションギャップなど何かと一歩踏み出すことに不安を感じている「悩める年上カノジョ」に!

年下のダンナ様を捕まえて、その後も円満な関係を保つポイントを紹介します。

1.心身ともに若さを保つこと!

若い美しい女性

年齢を重ねると『こうあるべき』『こんなものだ』と、だんだん考え方がこり固まってしまい、他人の意見を受け入れたり譲ることが出来なくなり「頑固者」「偏屈」に…。

これでは、まだまだ精神的に発展途上の年下男性を戸惑わせてしまいます。

———-

また、身体は代謝が落ちてきてプロポーションの衰えにも直面!なんて深刻な問題も…。

身体的な変化は自然の法則とはいえ、やはり年下の彼氏と結婚を望むのであれば”若さを維持する努力”は不可欠。

何も30代なのに20代前半の女性が着る服やメイクを真似ることはありません。また、あえて年代的に違和感がある流行り言葉を使う必要もナシ。

心がけたいこと!

・違う感性も取り入れてみる!
・大人のセンスを大事にする!
・身綺麗にしておく!

★彼と年齢差があるからこそ柔軟な考え方が大切だってことを忘れずに!

2.自信の持てることを探す!

何かひとつ『彼と同世代の若い女の子たちには負けない!』と言える”強み”を持つと年下のオトコと結婚しても自信を維持することが可能に!

料理など、一般的な家事や仕事でも何でも良いのです。

———-

料理をする女性

たとえば、料理上手の女性と結婚した男性は「自宅に帰るのが楽しみになる」という声を多く聞きますね。また仕事にやりがいを持って取り組む姿は、年下の彼の目に眩しく映ります。

心がけたいこと!

・彼がいつも尊敬し自慢できる女性でいること!

これまで培ってきた経験を彼との生活の中に役立てて!

3.聞き上手になって彼をスッポリ包み込む!

仕事にも恋愛にも余裕がでてきて、しかも女盛りを迎える30~40代女性。

年下の男性にとって、同年代や年下でピッチピチの女性は魅力的で心惹かれる対象でしょうが、彼女たちとは一味違う強みを持っているのが年上女性。

年上ならではの魅力って?

・大きな安らぎを与えてくれるところ!

甘える男性、面倒を見る女性

★仕事や対人関係など、彼が抱えている日々の疲れを優しく受け止められる”器”です。

また、これまでの経験から大人の女性として成長していれば、悩める年下のカレに的確なアドバイスも可能に!絶対的な安心感で包んでしまえば、そう簡単に彼も離れられなくなるハズ。

4.彼の意見をまず聞く!そして尊重すること

『彼の考え方はちょっとズレているかも知れない』と、間違いに気づいてもNGをすぐに出さないことが年下彼との仲を円満に保つポイント。

彼なりの考え方や、その判断を下すまでに至った経緯があるはず。まずはじっくり言い分に耳を傾けたうえで、彼の感情を逆なでしないように思いやりながらアドバイスを!

———-

★「上から目線」でモノを言われると、どんなに温和な性格の人でも反発心が起こります。

そうなると?

・自分の間違いに気づいても素直に謝れなくなる。

★年上の経験豊富な妻に論理的に諭されてしまうと、彼の夫として(男として)の立場がなくなってしまい「年の差を恨む」ことに繋がっちゃうのでご注意を…。

5.フィフティ・フィフティの経済関係を築く

お互いが経済的に責任をもつことは年齢差のあるカップルに限らず、男女が良い恋人関係を保つために大切なこと。

年上だからといって生活すべてを支え『彼を養って行こう』とガンバる必要ありません。彼だって”年下という負い目”を感じながらも努力して『カノ女を幸せにしよう!』と思ってくれているはず。

豚の貯金箱を持ったカップル

2人のモットーにしたいこと!

頼りすぎず!頼られすぎず!

★社会人になりたての(または学生?)若い彼氏は、年収もまだまだ低い(アルバイト代しかない)可能性もありますが、普段の付き合いから「割り勘もアリ!」のルールを用いるなどして、お互い”持ちつ持たれつの関係”を築いて!

6.やっぱり年齢の差は気にしちゃダメ!

年上だからといって『どうせ私はオバサンよ』と卑屈になっていては、年下彼氏との結婚どころか恋愛もうまくいきません。

———-

年下男と付き合ったり結婚している女性の代表的な特徴は?

  • 恋愛ホルモン効果でキレイになり自信に繋げている人
  • 自分が年上だという呪縛からネガティブになり「言動や雰囲気」が老けちゃう人

———-

★どちらがハッピーかは一目瞭然ですね。
悩んでいても年の差は縮まりません。この意識が幸せの分れ道なのかも?

あなたが年上なのは彼も承知のこと!

運命の巡りあわせで引き寄せられた2人の間に、どうやっても埋められな年齢差があったとしても、恋に落ちて歩き始めたのなら「開き直り」も大事。

星空に願いを込めて叫んだって、生まれてきた時間差を嘆いたって、5歳も10歳も若返っちゃうなんて4次元の世界にでも行かない限り不可能。

  • 優しい包容力
  • 聞き上手なところ
  • 年齢に関係ない可愛い自分らしさ

これらを大切にすることが幸せな未来に繋がりっていくハズ。

二人の仲が熟して年下の恋人が結婚を匂わしてきたら、年の差の迷いはスッパリ捨てて幸せを掴んで下さいね。