モラハラの原因につながる!被害に遭う女性の危険な共通点5つ

モラルハラスメントされる可能性のある男性とは絶対に付き合いたくないですよね。しかし、そのキッカケを女性が握っている場合も多いもの。被害に遭いやすい女性の特徴5つ、あなたは当てはまっていませんか?

モラハラの原因につながる!被害に遭う女性の危険な共通点5つ

彼がモラハラ男に!
でもこれって私のせい?

「モラルハラスメント」とは、言葉の暴力でパートナーの心や尊厳を傷つける行為のこと。

最近では、芸能人夫婦の間に起こったモラハラによる離婚問題が物議を醸しましたが、一般女性の中にも、彼氏からのモラハラに悩む方は少なくありません。


実はこのモラハラ、原因は男性側にばかりあると限らず、女性の性格が災いして引き起こされるケースも多いのです。

優しかったカレを変えてしまうキッカケは、もしかしたら他でもない自分が作っているのかも…?


今回は、モラハラの被害者になりやすい女性のタイプを5つまとめました。もしひとつでも心当たりがあるなら、改善した方が今後の二人のためですよ!

1.彼氏に依存している

彼氏と嬉しそうに抱き合う彼女

『大好きな彼氏とはいつだってどこでだって一緒にいたい!』そんな気持ちを全面に出し過ぎていると、彼に引かれるばかりかモラハラのキッカケを作る恐れがあります。

一方的な依存は彼氏に負担を与え、徐々にイライラさせる原因に繋がります。そのストレスによってカレは彼女を責めたくなり、つい口調を荒げてしまったり、暴言を吐いてしまうのです。

心当たりない?

彼と一秒たりとも離れたくない
連絡がないと不安になってしまう
一人の時間が怖い極度の寂しがり屋

依存心は不安の感情とよく似ています。その不安が彼に伝染してしまうと、相手の心も不安定になり、言葉の暴力を振るいやすくなります。

また、彼に依存し過ぎた態度を見せることで、『コイツは俺の好きにしていい』という錯覚を引き起こし、横柄な態度をとってしまうパターンも…。

パートナーへの愛情が大きいのは素晴らしいことですが、過度な愛情は二人の関係を壊しかねません。常に彼にとって心地良い愛情レベルを考えてあげて下さいね。

2.彼を信じやすく疑わない

笑顔のカップル

好きな人の言葉は、できるだけ全て信じてあげたいもの。

でも彼の全てを疑わないでいると、彼は心の中で『コイツ、何を言っても信じるんだ…』なんて悪魔の囁きに耳を傾けてしまうかも…?

全部を信じてしまうと?

平気で嘘を重ねたり、大きな嘘へとエスカレートする可能性大!

モラルハラスメントの被害例としてよく挙げられるのが、嘘をついて相手を陥れること。

相手を簡単に信用する女性は、自分から付け入る隙を与えてしまっているので、モラルハラスメントの被害に遭いやすいのです。

ピュアな女性にとって愛する人を疑う行動は辛いものかもしれませんが、自分の身を守るためには時として『彼の嘘を見抜く!』といった疑う勇気を持つことも大切。

3.男性に尽くしやすい

プレゼントと女性

子供のようなワガママを言ってばかりの恋人でも『私って尽くすタイプだから~』なんて軽く笑い飛ばしているアナタ。

自分がモラハラ男にとって格好の餌食だということに気付いていないなら、それはとても危険な状態です!

尽くされることに慣れたオトコは?

それが当たり前だと感じ、モラハラ化しやすい!

“母性本能が強い”“母親のような包容力がある”なんて言えば聞こえは良いのですが…。

『コイツは何をしても言うことを聞いてくれる』なんて都合のいい言いなり女のレッテルが張られてしまえば、カレの自己中っぷりは高まるばかり…。当然、モラハラの原因につながります。

また、従順すぎる女性に対し、男性は『どうして自分の意見を言わないんだ!』と苛立ちを募らせることも。

あんまり身勝手過ぎる彼女も考えものですが、多少は女性側が男性を振り回すくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

4.決定権をいつも彼にゆだねる

ハートを両手に持つ女性

人生は様々な選択や決定の連続ですが、自分で全てを決めるのって大変ですよね。でも、その決断をいつも彼に丸投げしてしまうのはNG!

『なんでもOK!』『○○君の好きな方でいいよ!』が口癖になっているなら要注意です。

彼に決めてもらってばかりいない?

デートプラン
食事の場所
自分の進路
ファッションや髪型

恋人に関する物事全てを判断することに慣れたカレは、『俺が決めてあげなくちゃコイツはダメになる…』と、いつしか自分の意見を押しつけるようになります。

『デートでは彼氏にリードしてもらいたい』という可愛いレベルの女心なら理解できますが、自分の将来や人格形成に関わる重要事項までを任せてしまう癖は、早めに見直すべきです!

彼女の行き過ぎた優柔不断さは、彼のモラハラを招くと心得て。

5.まじめで責任感が強い

不安そうな表情でうつむく女性と考える男性

『カレがああなってしまったのは私のせい…』
『私がもっとちゃんとすれば…』

あまりにも責任感が強すぎる女性は、彼の至らなさや短所を自分のせいだと受け止めてしまいがち。

真面目過ぎる女性は?

自分を追い込みやすい!

自分の責任だと感じる負い目から、相手の理不尽なモラハラにも耐えようと我慢するので、さらに男性の行為がエスカレートしてしまう…そんな厄介なパターンにハマってしまうのです。

まずは思い当たる彼の行動を書き出してみて、その異常な関係を自覚することが必要。

自分一人でなんとかしようと抱え込むのではなく、第三者からのアドバイスを求めるなどして、周囲に助けを求めてみましょう。

女性へのイライラが爆発したとき
男性はモラハラ化しやすい!

車の横で寄り添うカップル

モラルハラスメント化してしまった男性も、付き合い始めは優しかったというパターンも珍しくありません。

実は、モラルハラスメントになりやすい男性というのは、我慢しやすいタイプでもあるのです。つまり、彼女との付き合いの中でいろいろと我慢をしてくれていたんですね。

いつしかそのイライラが爆発してしまい、モラルハラスメント化してしまう…なんて危険性もあるので、彼の心の変化にはしっかりと目を向けることが重要です。

誰もが被害に遭う可能性のあるモラハラ。未然に防いでカレとのラブラブ生活をしっかり守りましょう!