足を引っ張る人の特徴

足を引っ張る人は職場でもプライベートにもいます。彼らは他人の成功に嫉妬した時、自分が成果を上げる努力をせず、相手を落とす方を選びます。今回は、人の足を引っ張る人の性格や行動の特徴を紹介します。

足を引っ張る人の特徴

足を引っ張る人の特徴

仕事でもプライベートでも「足を引っ張る人」というのは現れます。今まさに悩まされている人もいれば、今後悩むことになる人もいるでしょう。

足を引っ張る人には2つのタイプがあり、「実力不足からチームの足を引っ張ってしまう人」と「意図的に悪意を持って他人の妨害をする人」がいます。今回は、後者の「わざと成功・成長のチャンスを邪魔するタイプの特徴」を紹介します。足を引っ張られる前に関わらないように気をつけて、のびのびと成長するチャンスを活かしてくださいね。

他人の悪口を言う

一番多い意見が「他人の悪口を話す人」でした。あっちで噂話、こっちで陰口…口を開けば不平不満に愚痴文句という人は、その場に居ない人を悪く言います。もちろん、付き合いがある「貴方」も例外ではありません。

陰口を言う女性

そもそも、悪口は一人では成り立ちません。悪口を言う人が居て、聞く人が居るのです。本当に自分を成長させたい人や人望のある人は、陰口に対して「見ざる聞かざる言わざる」の姿勢を貫きます。

他人の成功に嫉妬して陰口を叩く暇があるなら、自分を成長させるために努力したり成果を出す行動を起こしたりした方が、よっぽど有益です。

悪口ばかりの人

他人の悪口ばかり言う人とは関わらないほうが良いです。そういう人は人の不幸話をすることで自分を保っている人なので、付き合っていても意味が無いです。

それに、悪口ばかりを聞かされることで、コチラもテンションが下がりますからね。(20代/男性)

悪口に同意を求める

その場に居ない人の悪口を言って、賛同を求める人です。例えば何かで人が集まっている時に、席を外した人の悪口を言い始めたり、それだけじゃなく他の人にも同意を求めたりする。

コミュニケーション能力があるようでただ調子が良いだけの人は、自分も何を言われているかわからないので、関わらない方がいいです。(50代/女性)

悩んでいる女性

口を開けば悪口ばかりの人

他人の悪口ばかり言っている人は関わらない方がいいです。誰でも欠点や短所がありますが、他人のそんなに気にならない、ぶっちゃけて言うとどうでもいい事にまで常に文句を言っている人がいます。

そういう人は自分の悪口も他で言っていそうで怖いです。なにより、話していても人の文句ばっかりで楽しくありません。(30代/男性)

悪口と噂話が好きな人

悪口や噂話をよくしている人。お喋りなので、ここだけの話のつもりでした会話も他の人に話してしまう確率が高いし、自分の悪口を他人にしている可能性もあるので、下手に自分の情報を話さない方が良いです。(30代/女性)

自分が正しいと思っている

人間は誰しもそれぞれの価値観を持っており、他人と何から何までピッタリ合う評価基準を持った人は他にはいないと言って間違いないでしょう。にもかかわらず、自分の価値観・正義観が正しいと思って周囲に押し付ける人がいます。

ヒーローの格好をした男

また、自分こそが正義だと疑わない人は、周囲から良くも悪くも浮いている変わり者や職場・会社から評価の高い人を批判したり嫌ったりします。しかしそういう人は小さなキッカケで太鼓持ちに変身する可能性もあります。人によって態度を変える人は信用できませんし、足を引っ張ることも多いので関わらない方が吉です。

また、関わっても大きな害は無いものの、たまに迷惑だと感じてしまうタイプもいます。そういう人は自分が正しいと思っている訳ではなく、ルールや常識が正義だと考えている真面目な人に多く、応用や融通が利きません。あまりにも真面目過ぎる人も、場合によっては善意から足を引っ張る人になってしまいます。

自分の価値観が絶対

自分が作り上げた正義が絶対で、それに少しでも合わない人を徹底的に攻撃してくる人。

一見人当たりが良さそうでも、話す内容は誰かの愚痴や不満だらけなのですぐに分かる。他人は気にしないような事にも噛み付いてきます。(30代/女性)

眼鏡をかけ怒る少年

自分が正しいと思っている

自分が一番正しいと勘違いしている人とは関わりたくありません。他人の意見を頭ごなしに否定したり、自分の言うことを聞かない人を邪険にしたりする人です。

そんな人ほど周囲からの印象や評価を気にするので、やはり関わらないのが一番効果的です。自分の意見を押し付けるような人とは、仕事でもプライベートの時間でも一緒にいたくありません。(20代/女性)

ルーズな金銭感覚を持つ

お金に関してだらしない人は、どのような場面であっても付き合いたいとは思いません。特にギャンブルにハマる人はルーズな人が多く、お金の貸し借りを頼んでくることもあります。しかも「楽しいから」と賭け事に誘ってくるのが厄介なポイントです。

ギャンブルする男

楽しくても、ギャンブルは運のものであって、常に黒字になるとは限りません。次は勝てるかも…と思って賭け続けていては、最後に待っているのは依存症か破産です。極端な話だと思うかもしれませんが、成功しそうな人や成功している人というのは金まわりの良いものです。気も緩みがちですので、甘言に騙されないようお気を付けください。

ギャンブルでお金を溶かすよりも、スキルアップのために習い事をしたり、成功したご褒美を自分にあげたりする方が精神衛生的にもよっぽど良いですよ。

お金に関してルーズ

お金に関してルーズな人は信用できませんので、なるべく関わりを持たないようにしたほうがいいです。

金額の大きさにかかわらず、お金の貸し借りを気軽にやっているような人には自分だけではなく、私の親しい人ともなるべく関わって欲しくありません。(30代/女性)

お金を両手に持つ男

ギャンブル好き

ギャンブルが好きな人は関わらないほうが良いです。ギャンブル好きの人はお金がすぐに無くなり「お金を貸して」と言ってくるので、断るのが面倒です。

ギャンブルに誘ってくる場合もあり、鬱陶しいのでもう関わりたくないです。(20代/男性)

引っ張られても絶対に引っ張らない!

足を引っ張られる人というのは、引っ張る人よりも成功していたり評価が高かったりします。つまり、足を引っ張る人は自分より上に居る人をターゲットにするのです。その人を蹴落として昇進したとか、もっともらしい理由がなくても邪魔をするので、早めに縁を切ることをおすすめします。

例え、引っ張られる側になったとしても足を引っ張る側にはならないように、今回、紹介した特徴を振り返ってみてくださいね。