【犬派と猫派】幸せな恋ができるのは?彼女にしたいタイプはどっち?

犬派女性は相手に尽くすのが喜びで、いつも役に立ちたい健気さに溢れています。猫派女性は臆病なので素直になれず、いつの間にか相手から機嫌を取られたりして振り回してしまいます。

【犬派と猫派】幸せな恋ができるのは?彼女にしたいタイプはどっち?

犬派と猫派!男性が彼女にしたいタイプは?自分はどっち?

女性の間でもよく恋をすると「犬派か猫派」という話題は、どちらに属するタイプか?で結構盛り上がりますね。一般的に犬派の女性は、恋愛でもアウトドアタイプで大勢とワイワイ楽しむのが好きで、猫派の女性はインドアで二人きりで過ごすのを好み、のんびり読書や好きなことをするマイペースなタイプと言われています。

「愛らしくて人懐っこい犬派女性」と「小悪魔的なツンデレ猫派女性」はどんな恋愛をするのでしょうか。「恋人との出会い、つき合っているとき、結婚した後」この3つのシチュエーション別に、犬派と猫派女性の恋愛傾向を紹介。男性はどっちのタイプが好みなのでしょうね。

恋に落ちてから好きな人と付き合うまでの違い

想いを告げるのが得意な犬派の女性に比べて、素直に「好き」な気持ちを表現するのが苦手な猫派の女性は、好きな人が出来てから恋人になれるまで、ちょっと時間が掛りそう。

猫派の女性

猫派女性は恋心をひた隠し、微塵も感じられないかも?

「好き」という秘めた気持ちをおくびにも出しません。と言うか臆病で出せないのです。好きな相手と話す機会があって優しくされても、心にもない冷たいツンデレな態度を取ってしまった後は「いつもどうして素直じゃないの…」と、後悔しています。相手と一対一になって、思わず恋愛感情が溢れ出てしまったことがキッカケで付き合い始めたりします。男性は付き合い始めても「本当に自分のこと好きなのかな?」と、頭の中で混乱しながらも猫派女性の「掴めない魅力」に惹かれて追いかけてしまいます。

犬派の女性

好き好きモード全開!素直な犬派の女性

犬派の女性は、恋に落ちると態度に表われ、周囲から見てもとても解りやすいのが特徴。熱っぽく好きな相手を見つめて、ため息をつき、妙にツヤっぽく女性っぽい仕草になります。機会があれば相手に近寄って何かと世話を焼こうとします。「相手に役に立ちたい」「尽くしたい」という健気さも溢れてきます。「好き」と自分から告白する勇気があり、好きなことを隠さない正々堂々とした態度が犬派らしく、いつの間にか周囲にも応援されています。

彼女になってからの違い

合わせるのが得意な犬派の女性と「彼を自分に合わせさせる」ことが得意な猫派女性の違いが面白い。

猫派の女性

恋人がいても自分のことも大切!

猫派女性も人の集まる場所は好きですが、恋人とはひっそり二人きりで過ごしたがります。恋人になった男性が、仲間内から「アイツ最近付き合い悪くなった。」と言われたりしても、猫派女性には「彼女と二人きりになりたい」と思わせる雰囲気を持っています。

人からどう思われても気にしないので二人の世界に没頭しラブラブで過ごせます。でも自分のことに没頭したいときは恋人に会わなくても平気。というか、彼の存在を忘れてしまうので男性は振り回されます。

犬派の女性

恋人が出来ても仲間の時間も大切にする犬派女性

犬派女性は二人きりのデートも大好きだけれど、みんなでワイワイ騒ぐのも大好きでいつも楽しい企画を考えています。スポーツ観戦やライブ、キャンプや海と盛り上げ上手で、お弁当などもササッと作る器用さがあるので彼を感動させます。彼氏や周囲からどのように見られているかを理解していて、そのイメージ通りに振る舞うのを好みます。

結婚して生活が始まった後の違い

夫を一途に愛して賑やかな家庭をつくる、甘えん坊の犬派女性。気ままに生きる猫派の女性は意外にも家庭的。

猫派の女性

子育て上手な猫派の女性

猫派女性は甘え上手ですが精神的自立をしているので、女性に頼られたい願望が強い男性は物足りなく感じることがあります。いつまでも若々しくて少女のような感覚もあり、小さな子供と本気でケンカしたりします。しかし、案外、子育て上手で子供の良いパートナーになります。

一見マイペースで冷たい印象が強い猫派さんですが、大事なところに踏み込みすぎない繊細さが猫派女性の魅力。本当に困ったときは、そっと静かに側にいてくれたりします。そのギャップでますます猫派女性の魅力に男性はハマるのでしょう。

犬派の女性

家族との時間を大切にする犬派女性

犬派女性は家庭の切り盛りが上手く、賑やかで楽しい家庭を築きます。休みの日には自宅の庭や公園で友人達と集まったりアウトドアを満喫します。また、夫を家庭に束縛したがるので、たまには男性の付き合いを認めて趣味を見つけるのが円満の秘訣!周囲からも絵に描いたような幸せな家庭と評価を受け、その評価を犬派女性は一番喜んでいるかもしれません。

夫と妻は「悩みごとや秘密を共有して当たり前だ」と純粋に思っているので、隠し事が露呈したら大変です。一途な犬派女性は愛する人と一心同体の愛を求めます。

使い分けたら最強かも!犬派と猫派のまったく違う魅力!

純粋で相手に尽くして、それを周囲にも認められたい健気な犬派女性と、マイペースで自分の領域を大事にすると同時に相手も尊重できる猫派女性の恋愛は、それぞれに魅力があります。その時々や好きな人のタイプで「猫派と犬派」の性格を使い分けられたら、男性を上手に転がすことができそうですね。男性なら素直に好意を示して尽くしてくれる犬派女性を選びますか?それともツンデレで甘えたいときだけ気ままに甘える猫派が良いですか?