結婚に向かない女・性格や行動の特徴ホンマにあかんらしい

結婚に向かない女かどうかを診断できます。男性から寄せられた『このタイプの女性とは結婚生活が上手くいかないかも…』という意見を織り交ぜながら、性格、態度、振る舞い、生活スタイルなどの特徴を紹介します。

結婚に向かない女・性格や行動の特徴ホンマにあかんらしい

結婚に向かない女のタイプ

恋人と上手く行っているのにプロポーズされないのは結婚を躊躇(ちゅうちょ)させる原因がアナタにあり、彼氏は将来のことを慎重に考えているのかも知れません。もし、付き合っている彼氏が『彼女は結婚に向かない女だ』と感じているのなら、結婚の夢は実現しないまま別れにつながることも…。

また、現在、彼氏がいなくても、自分が結婚に向いているかどうか気になっている女性も多いのではないでしょうか?性格、行動パターン、ライフスタイルなど、実際に男性から寄せられた意見も交えた、”結婚に向かない女の共通点”をチェックしてみましょう。

1.いい子ぶって彼の友達の悪口を言わない女

カレが大事に思っている友人の悪口を言うのはオンナとしてもヒトとしても評価ダウンに繋がると思い込み、言動に気をつけている女性も多いハズ。

でも、善良な配慮は”結婚に向かない女”がすることなのです。競争心が強く『自分が勝ちたい』『誰にも負けたくない』『一番になりたい』という男性心理を理解して、上手に友達の批判を彼の目の前でしてあげなければ、男のプライドが満たされないからです。

彼女に満足できない男


男性は黙して語らない傾向があり、腹の中では『コイツ嫌い』『俺のほうが優秀だ』と思っていても口に出さないことが多いので、実は自分の胸に秘めている批判的な意見を彼女が代弁してくれることは大歓迎!『よくぞ言ってくれた』と、男性はスカッとするのです。

『あの人、自分が思っているほどイケメンじゃないよね』『仕事デキなさそう』などと…、ズバッと友人の欠点を自分の代わりに言ってくれる人と結婚すると、男性の心はバランスを保てるのです。

その点、『人の悪口は言ってはいけない』と、頑なにモラルを守り続けるタイプの女性が相手ではガス抜きができません。仮に結婚したとしても心を許せる他の女性との浮気に走ってしまったり、家庭生活に息苦しさを感じるようになるなど、結果的に結婚には向いてない女となってしまうことに…。

2.曖昧な理由で結婚を引き延ばされても待つ女

彼と結婚について話合ったとき『タイミングが合えばね』と、はぐらかされることってあると思うのですが、それはイコール『結婚する気はないよ』という意思表示。

  • 『年収600万円稼げるようになったら』
  • 『次のプロジェクトが終わったら』

と…、ある程度、目安となる具体的な理由が添えてあれば問題ないのですが「タイミング」という最も曖昧な表現のみでスルーされた場合は、その言葉を信じて待つだけムダ。『何のタイミングなのか?』ということに疑問を抱かないことが婚期を逃す大きな要因になるのです。


プロポーズをじっと待つ女性は、仮に結婚できたとしても”人生の大事な局面に立たされても待つ癖によって失敗する恐れがある”ので、結婚には向いていない女の部類に入ってしまうのです。

3.好きな人の顔より雰囲気が思い浮かぶ女

好きな男性を思い浮かべるとき、全体の雰囲気などを思い浮かべる女性は自分が勝手に作り上げたイメージで『優しそう・かっこいい』と、相手を実物以上に美化してしまう傾向があり、”相手選びで失敗しやすい”という心理学の研究結果があります。

恋人が好きでたまらない女性

このタイプは、相手の表情から機嫌が良いのか悪いのかを察知して適切に対応する能力に欠けているので、結婚生活の中で夫とのコミュニケーションに問題が生じやすいため、”結婚に向かない女”のカテゴリに入るのです。


”カッコイイ雰囲気”なんて、結婚生活の中でムカつく態度をとられた途端に吹っ飛んでしまうほど無意味なものなのです。

結婚してから理想と現実のギャップに直面しやすい点も、雰囲気でパートナーを選ぶクセがあるタイプの女性が結婚に向かない理由です。

4.常に正論を押しつけるクセがある女

正義感が強くて勇気がある女性は、”信頼できる人”として高い評価は受けるのですが、判断力が優れているとは言えません。

結婚に向いているとは言えない”のです。円満な人付き合い保つためには、「正しい」「間違っている」と指摘しないほうが良い場合もあります。


その場の空気を壊さないために”違う”と思っていても、その場では聞き流して、後でこっそりと穏やかに相手が理解できるように話すのが賢い女性であり、結婚に向いている女性です。

重箱の隅を突かれてばかりいると、男性は気が休まりません。少し、気が利かなくて大雑把な一面がある女性のほうが一緒に暮らしていても気が楽なので長続きしやすいのです。

5.問題と向き合う前に別れを決断する女

夫に呆れる女性

信じている恋人が浮気をしたら腹が立つのは当たり前ですが、問題は”その後にどう対処するか”です。

  • 彼を失いたくないから我慢する
  • プライドを傷つけられたから別れる
  • 浮気相手と別れてもらう

浮気されたのに我慢をすると甘く見られて浮気を繰り返される可能性があるので、恋人関係であれば浮気性の男とは別れるのが賢明かも知れません。

しかし、結婚生活は違います。浮気した旦那を懲らしめて不倫相手と別れさせたとしても、夫婦となった二人には背負うものが沢山あるので簡単に離婚することはできないため、話合って解決していくことがベストな選択となります。


また、結婚生活で困難な状況に遭ったとき、『もう嫌だ!無理!別れる』と、問題と向き合うこともせずに逃げ出すタイプの女性も結婚には向きません。

お互いに結婚したらプライド云々などと言っていられなくなるので、自尊心が高すぎる女性も基本的には”結婚に向かない女”と言えます。

6.相手を優先して我慢する女

相手のペースに合わせることは大切ですが、相手が思い詰めたり悩んでいるときに、とことん付き合おうとすると”負の部分”まで背負ってしまい、結婚生活も共倒れになる恐れがあります。


一見、相手の意見を尊重して”我慢する忍耐強いタイプ”は結婚に向いているように思われがちですが、案外、夫が思い悩んでいるときは、妻が気分転換できるように方向性を変えて導くことによって問題解決の糸口を見つけることができるものです。

また、自分自身の意見は違うのに我慢してばかりいるとストレスが溜まって鬱状態になったり、『自分は何がしたいのか?』が分からなくなって、家庭が重苦しい雰囲気になってしまうことも十分考えられるため、明るく穏やかな結婚生活を望むのであれば”耐えすぎるのは考え物”なのです。

7.お金の使い方が荒い

お金を見せびらかす女

金銭感覚がしっかりしているかどうかは、男性が結婚相手を選ぶ大きな基準です。せっせと働いた月々のお給料をあっという間に使い切ってしまう金銭感覚の妻には安心して家計を任せることはできませんよね。

お給料を自由に使えるお小遣いだと勘違いして、好きなブランド品や豪華なランチ代につぎ込んだり、ほとんど貯金がないのなら”結婚に向かない女”の要素が十分あるので要注意。

お金のやり繰りが下手で貯金ができないのは、計画性の無さや生活していくうえでの基本的な管理能力を疑われるため、結婚対象外、”結婚に向かない”と判断されるのです。

8.整理整頓が苦手

汚部屋でだって生きてはいけますが、自分が住んでいる空間を片づけることもできない家事能力が低い女性が妻として歓迎されるのは難しいのです…。

仕事をして疲れて帰る家が散らかり放題では寛ぐこともできず、ゲンナリする日々を想像するだけでご遠慮願いたくなる男性は多数。


バッグの中がぐちゃぐちゃの女性は、すべてに於いて整理整頓ができないタイプだという説があり、潔癖症の男性はコッソリ厳しくチェックしているのだとか…。

彼が部屋に遊びにくるときだけキレイに片付けていても、日ごろ溜めている埃や汚れは目立たない部分に潜んでいるものなので、キレイ好きの彼氏には見抜かれているのも知れませんよ。

9.TPOに応じた服装ができない

雪の中ミニスカートをはいている女性

キャンプやアウトドアのイベントにミニスカートにヒールの高いパンプスを履いて登場したり、改まった席に普段着で出向くなど、大人としてTPOを守れない、常識的な振る舞いができない女性は、”夫婦でワンセット”として見られることになる結婚相手にはふさわしくないと判断されます。

プライドが高い男性は恥をかかされることを恐れ、”常識を知らない(無視する)女性”を生涯のパートナーとして受け入れられません。

これまで場にそぐわないファッション等で”やらかすことが多い”のなら、彼氏とデートする際に、どこに行くのか?誰に会うのか?を事前に確認してから服装やメイクや髪形を決めたほうがいいかも…、です。

10.ネガティブで暗い

常に彼女が消極的で暗い雰囲気を漂わせていると、”幸せで温かくて幸せな家庭を築けるイメージ”が湧かなくなり、『結婚には向かないな…』と感じる男性は多いようです。

人間誰しも落ち込むことはあるし、性格だって人それぞれですが…、年がら年中『どうせ駄目…』『私は不幸になる運命なんだ…』と、溜息まじりにネガティブオーラを振りまかれたら、一緒にいる人も暗い気分に引きずり込まれて不安になってしまいます。

男性が望む結婚相手は”一緒に明るい家庭を作っていける人”。後ろ向きな思考や性格をすぐに変えることは難しいのですが、まずは、物事を否定的に見ることを止めて肯定的に捉えてみることから挑戦してみましょう。

11.愚痴、不平不満、悪口が多い

恋人に愚痴を言う女性

普段からグチっぽい女性と結婚したら『毎日、文句を言われるのではないか…』と、男性は恐怖を感じて結婚をためらうようになります。また、張り切って他人の悪口を言うタイプは、常に「恋愛対象外の女ランキング」でも上位を占める特徴のひとつ。

眉間にシワをよせて口をへの字にしながら不満を並べたり、意地悪そうな表情で人を貶めるようなことを言いふらしている女性の横で『うんうん』とクールに話を聞いていても、男性は内心ドン引きしています。


また、子供が欲しいと思っている男性からは『PTAでトラブルを起こしそう』『ママ友とケンカして子供がイジメられたら大変だ…』と、将来が不安になるとの意見がありました。

好きな人との結婚を考えているのなら、普段から言動に注意したほうが良さそうです。

12.我儘で人間関係でトラブルが多い

上から目線で横柄な態度をとる、自分の思いどおりにいかないと機嫌が悪くなる、コロコロ付き合う友達が変わるなど…、ワガママな性格が影響して人間関係がゴタゴタしやすい女性は”結婚に向いていない”と判断されることがあります。

誰かと結婚するということは”新しい輪”に入ること。納得できないことでも時には譲歩する賢さも必要になります。両親、兄弟姉妹、親戚、友人、仕事で付き合いのある人など、結婚と共に絡んでくるあらゆる人間関係を乱す恐れがある”女王様気質”で人を従えていないと気が済まないのなら、残念ながら”結婚には向かない女”なのです。

仕事のキャリアを積んで経済的に自立している人、居心地のよい実家暮らしに満足している人、他人との共同生活が煩わしい人など、あえて”結婚を選択しない女性”も増えていますが、今後、どのような運命が訪れるか誰もわかりませんよね。

もしかしたら、『結婚して人生を共にしたい』と思える男性との出会いがあって、真剣に”ケッコン”と向き合う日が訪れる可能性もあります。その時、独身生活の癖が沁みついていると”結婚に向いている女”になるのは結構、難しいのですが…、結婚に向かない女性の共通点を予習しておけばきっと大丈夫なハズ、です