結婚式に必要な貯金額は○○万円!カップルは今すぐ通帳を要確認

彼のプロポーズを受けたあなたは、結婚式にかかる平均額を知ってますか?披露宴や衣装だけでなく、結婚後には子育てや出産資金もかさみます。結婚式の平均必要額とローンや借金をせずに安く挙式するポイントを紹介!

結婚式に必要な貯金額は○○万円!カップルは今すぐ通帳を要確認

結婚までにお金を貯めよう!

「プロポーズも受けたし、大好きな彼とそろそろ結婚間近…」と考えているあなた。一生に一度の機会ですから、もちろん素敵な結婚式のプランを夢見ていますよね。

——————–
ところで…
結婚式に必要な貯金の具体額は知っていますか?
——————–

現実から目を背けたくはなりますが、結婚後には新婚旅行や新居の準備など、お金が掛かることばかりが待ち受けています

また「子供がほしい!」というなら、出産費用や子育て費用を加味すれば、当然その額は高くなります(子供1人を成人するまで育てるのにかかる平均費用は約3,000万!!)。

貯金がないからと言って、借金やローンを組んでまで結婚式を挙げたくはないですよね。

結婚式にかかる費用とは?

大好きな恋人からのプロポーズを受けたら、まずは結婚式に必要な貯金額の平均をチェック!

1.挙式にかかる費用って?

挙式は披露宴と同時に行われることが多いため、費用面も混同されてしまうこともありますが「式のみ」では参加人数はあまり関係なく、おおよそ20~30万円程度です。

教会

以下は、目安となる金額です。

チャペルで挙式

教会への献金という形で10万円前後、またお花代などが別途必要になることも。

神社で挙式

初穂料として10~15万円が目安

また、地域にある教会で挙げることを検討しているなら、信徒のみしか受け付けない場合や挙式中の写真撮影が禁止だったりしますので、その点を事前に確認してくださいね。

2.衣装代にかかる費用って?

結婚式で一番女性がこだわりたいと思うのがドレス!一生に一度?「プリンセス」になれる日くらいは、やっぱり素敵なドレスを選びたいものですが、やっぱり望み通りのものを選ぼうとするとお金はかかります。

ウェディングドレスを着る女性

レンタルなら…

ウェディングドレス
・一般的なもので10~15万円
—–
和装
10~20万円+かつら代3~8万円

この基本的な衣装代の他に、お色直し用のドレスや旦那様のタキシード代を加えると、少なくとも20~30万円程は確保しておきたいところです。

——————–

実際に購入するとしてもレンタル代とあまり変わらない値段設定ですが、レンタルの場合に付いてくるグローブやティアラといった小物類は別途購入しなければならないため、出費が増えてしまいます。

▼ドレス購入の場合は、最低プラス5万円程度は確保を!

購入でもレンタルでもなく「母親のドレスを着る」というケースもありますね。その場合もお金は掛るのでしょうか?

ほとんどの式場では…

持ち込み代」を請求されます。
—–
レンタルするのとそんなに変わらない値段になってしまった…なんてケースも少なくないので要注意!

3.披露宴にかかる費用って?

結婚式のメインイベントであるといえる披露宴。どんな演出をするかを考えるだけでもワクワクしますよね。現在はたくさんのプランが用意されていますし、自分たちの希望のイベントを行ってくれる会場もあります。

演出やゲストの人数によっても値段の変動はありますが、ごく一般的な披露宴の平均金額は出席者80名で、およそ250万円程度が目安。

結婚式ケーキ入刀

——————–

【演出などのオプションを追加すると?】

『夢を実現したい』と、豪華なテーブルコーディネートやシャンパンタワーなど色々なオプションをつけていくと最終的にはびっくりするような金額に…。

最初にしっかり予算を決めて、その範囲内で収めるようにしていくことが結婚後のやりくりにも繋がりますよ!

お財布と相談しながら新郎新婦が満足できる披露宴に!

貯金が少なくても挙式はできる!

ここまで見て「お金がないと結婚できないんだ…」とガッカリしているあなた。落ち込むのはまだ早いですよ!

1.ご祝儀でやりくりをする

結婚式、披露宴を行えば、当然ご祝儀が頂けます。

ご祝儀袋

——————–

【現在の相場で1人平均3万円程度で計算すると…?】

80人の披露宴では240万円の収入。それを目安にして式の準備を始める方法もあります。また、会費制の披露宴であれば、かかる金額すべてを会費として負担してもらうこともできますね。

☆注意点☆

式場のほとんどが前払いとなっているので、やはり頭金は支払えるぐらいの貯金は確保しておくべき。

2.式は質素に!二次会は豪華に!

・結婚式は家族だけで質素に行う
・二次会などの結婚パーティーは豪華に行う

二次会で乾杯する女性客

最近はこういったパターンで節約をしている若いカップルが多いんです。

—————
これなら友達もたくさん呼べて、予算も1人約5,000円前後に抑えることが可能なので、80人呼んでも40万円前後で、お祝いの二次会を開くことができます!
—————

友達とワイワイ楽しみながらお祝いをしたいのなら、二次会を思いきって豪華に!もちろん、二次会は会費をいただけるので、終わった後も貯金がゼロになる心配はありません!

豪華な二次会プランがあるホテルやレストランも!

披露宴と変わらないクオリティで行えたりもしますよ!

3.思いきって海外ウエディングにする

海外での結婚式って、すごくお金がかかるイメージがありますよね。

—————
実は…

旅行費込みでもだいたい150万前後と、大変リーズナブルな予算。しかも新婚旅行も一緒にできるから、さらに節約をすることが出来ます!
—————

「セレブな気分で節約もしたい!」なんて人は、思い切って海外ウエディングを計画してみるのもいいかもしれません。

☆注意点☆

・家族が持病の関係で飛行機に乗れない
・海外で感染病や未知の病気が流行っている

※こんなことがないか、事前に確認をしておきましょう。

目安を理解した上で夢を叶えて!

挙式、ドレス、披露宴など、今まで、お話してきた結婚式にかかるお金の総額は、おおよそ300万円前後になります。まずはここを目標にして婚約者の男性とふたりで貯金を始めることが必要です。

—————
ふたりで行う最初の共同作業として彼との生活での家計を把握する機会にもなるので、とても意味のあることになるハズですよ。
—————

ウェディングプランナーとも相談しつつ、最低限必要と思われるお金を貯金できたなら、そこから先は豪華なオプションをつけるのも楽しみになってきますね。やりくり上手になって、素敵な結婚式を挙げましょう!

上へ戻る