デートで手を繋ぐ!つなぎたい!好きな人を誘導する5つの仕草

可愛い仕草、素直な言葉、手をつなぎやすいシチュエーションなど、男性から手を繋がせる方法はたくさんあります。恋愛初期カップルの初デートやマンネリ化した恋人同士でも、デート中に手を繋ぎたい時に使える仕草5つ!

閲覧数
29,337
デートで手を繋ぐ!つなぎたい!好きな人を誘導する5つの仕草

思わずドキッ!男性がデート中に手を繋ぎたくなる仕草

せっかくのデートも着かず離れずの距離で歩くより、仲良く手を繋いでいたほうが2人の親密度もアップします。「手をつなぎたいよ」と、恥ずかしさや照れから素直に彼氏へ伝えられないなら、男性心理を上手くくすぐる仕草で誘導してみましょう。つき合いが長くなり過ぎたマンネリカップルや恋愛初期の恋人同士にも使える仕草です!

1.服の裾をつかんで歩いてみる!

デート中に女性から「手を繋ごう」とは、なかなか恥ずかしくて言えないものです。でも、好きな人とは仲良く手をつなぎたいですね。

外でデート中に歩いている時に男性の服の裾を掴んでみましょう。裾をつまんでチョコチョコ歩く姿はとても可愛らしく、男性は「おいで」とつい手を差し伸べたくなります。手をつなぎたい、近くにいたいという意思表示もこの程度の可愛らしい表現方法なら照れながらも出来そうですね。デート中に大好きな彼氏と手を繋ぎたくなった時は、ぜひ実践していみましょう。

彼と手を繋ぐ

2.暗いところや危ないところで怖がってみる!

デート道の暗い場所やお化け屋敷などで「怖い」と感じたときは、素直に怖がりましょう。不安そうに怯えている女性を見ると男性は自然に手を差し伸べ、手を繋いでより近くへ彼女を引き寄せて守ろうとします。

強がるのは恋の場面では得策ではありません。「怖くなくても怖いふりをする仕草」も立派な恋愛テクニックです。本当は強くても「弱い女」を演じて男性の恋愛心理をくすぐれば手を繋ぐのは楽勝です。

3.人混みでは不安そうに振る舞ってみる!

駅など多くの人が行き交う場所では、並んで歩いている彼氏とも離れてしまいそうになることが多いですね。相手がどこに行ったのか分からなくなるかも、という不安に駆られますが好きな人と手を繋ぐために、その「不安を利用」します。

人が多い場所限定のテクニックですが「はぐれちゃったらどうしよう…」と、不安であることを不安そうに彼氏に伝えておきますこの言葉だけでも男性は女性を守りたくなる本能があるので、サッと手を繋いでくれたり「腕につかまっておけよ」と頼もしいことを言ってくれますが、言葉だけではアクションが起きない場合は、彼氏の名前を呼びながら「左右か後方にはぐれてしまうフリ」をします。

彼とはぐれてしまいそうな人混みは手を繋ぐチャンス

4.適度なスキンシップをしてみる!

男性に「彼女と手を繋ぎたい!」と思わせて実際に行動を起こさせるためには、適度なスキンシップが効果あり!いきなり手をつなぐのは、恋人関係が長いカップルなら簡単かも知れませんが、つき合って間もない恋人同士にとってはタイミングを掴むのが結構難しいですね。

そのような場合は腕などに軽く触れてみるなど軽いボディタッチを!少しずつ距離が縮まり、彼氏が彼女の手を握りやすくなるタイミングを上手く作ることができます。

5.彼氏の手を突いて「手をつなぎたい」意思を可愛く伝えてみる!

素直に「手をつなぎたい」と彼に伝えるのが一番早い方法ですが、恥ずかしくて言葉に出来ないなら「伝え方」に工夫をして、スキンシップよりも更に「手を繋ぎたい!」という男性心理を刺激する仕草です。

並んで信号待ちをしている時に、彼氏の目を上目づかいで見つめながら「ツンツン」と、おねだりするように彼の手の甲指先で軽くを突き、目が合ったら「はにんで」みましょう。大体の男性は「手をつないで」という彼女からの甘えたシグナルに気づいてくれますよ。

[
]