手帳活用術!真っ白なスケジュール帳を有効活用するポイント5つ

実は超使える真っ白いスケジュール帳を、数か月後もそのまま白紙にするなんてもったいない!仕事に趣味にプライベートに…。オンオフ問わず使える白紙ノートを、より上手に使うポイント5つをご紹介します。

手帳活用術!真っ白なスケジュール帳を有効活用するポイント5つ

真っ白手帳の活用法!
工夫次第で上手に使える!

新しい年の始まりや、年度が変わるときに購入する人も多い「手帳」。

 製本されたもの
 バインダータイプ
 可愛さ重視の手帳
 使い勝手重視の手帳

一言で手帳と言ってもいろいろ。「種類もサイズも豊富で、どれを選んで良いのかわからない…。」なんてこともありますよね。

近年は、パソコンやスマートフォンのアプリなど、デジタル式のものを使う人が増えてきましたが、最近では原点回帰して紙の手帳に戻す人が多いのだとか。


デザインに悩んだら、たまには中が真っ白なシンプル手帳を使って、オリジナルの手帳を楽しみながら使ってみるのもアリ!

レシピとして使われる手帳

たくさんの記入欄や特別なページがあるのも、書き込むときにはわくわくするものですが、市販の機能手帳には最後まで使わないページもたくさんありますよね。

真っ白手帳ではそのムダを省き、自分が使いやすいようにカスタマイズすることができるのです。

今回は、真っ白なシンプル手帳の活用法を5つのポイントごとにご紹介します!

ぜひ、オリジナリティ溢れる手帳として活用してみてください

1.ページ上には必ず日付と曜日、内容を記入する!

 日付
 曜日
 これから書く内容の要約

ページは書く内容ごとに変え、その都度一番上にこの3点を記入しましょう。

スケジュールが書かれた手帳

注意点は?

書き始めるごとにページを変える!

このひと手間をかけてから書き始めることで、時系列での管理がとても簡単になります。

 後日、特定のページを探す時に、「あの日に書いた」「あの出来事の後に書いた」「○曜日だった」などの記憶から、ページの上部を見ればすんなりと見つけることができるのです

2.空いたスペースは可愛くデコレーション!

真っ白な手帳なので、オリジナリティを出したいですよね。でも、手帳の空欄には何を書けばいいかわからないという方も多いはず。

どうすればいいの?

シールやマスキングテープなどを活用!

スカスカのスペースには、お気に入りのフレークシールやマステを貼って、可愛くデコレーションを!

タイトル

 もちろんイラストを描いたり、雑誌の切り抜きを貼ったりしてもOK!ただし、あんまりゴテゴテと貼り過ぎてしまうと見づらくなってしまうので、ほどほどに押さえておきましょう。

3.予定に合わせてペンを色分けする!

スケジュール管理を1色だけで記入していると、予定が増えるごとに見づらくなってしまいますよね。

ここで、ひと目で内容が分かるようにペンで色分けをしてみましょう。

例えば?

・プライベートは青、仕事は赤
・重要なものは赤、それ以外は黒


※このように、あらかじめ色を決めて使い分けるのがポイント!

「カラフルな方が見た目的にカワイイし…。」なんて言って、色分けする色の種類を増やし過ぎてしまうと、いろいろ書き込むうちに何がなんだかわからなくなり、却って見づらく仕上がることも…。

 そのため、使う色は大体3~4色程度に留めておくのがベスト!太さなども、自分が一番見やすいものを選んでみてくださいね。

ペンとスケジュール表

4.狭いスペースは記号やマークを使う!

月間タイプのページは1日のマス目が小さく、少し記入しただけでマス目がいっぱいになってしまったり、記入スペースが足りなくなったりすることがありますよね。

これを改善するためには、自分で記号やマークを決めたり、作っておくのが、おすすめ!

よく使う言葉を記号化することで?

狭いスペースにも記入可能に!

例えば?

『誰かに連絡する』
『連』を丸印で囲む
『会議の予定』
『会』を丸印で囲む

よく使う言葉を記号化すれば、書きにくい激狭スペースを有効に使えます。

 知られたくない内容も、自分だけのオリジナルマークや記号で記入するようにしておけば、万が一人に見られてしまっても安心ですね。

5.定期的に整理する

手帳を使い続けていると、いろんなものを挟んでしまうことで、いつの間にかパンパンに膨れ上がってしまうことがあるハズ。

そのままの状態では、かなり使い勝手の悪い手帳になってしまうので、手帳は定期的に整理するよう心がけましょう。

心当たりない?

・要らなくなった資料が挟まったまま
・要件が完了しているメモ付箋を貼ったまま
・思い出の写真やチケットの半券などが挟まったまま

要らなくなった資料は手帳から抜き、必要に応じて保管か廃棄しましょう。まだ必要な資料は、縮小コピーして貼りつけておくのもいいかも。

すでに完了しているタスクが記入された付箋は剥がして捨て、アイディアを書き込んだ付箋は手帳に書き写してから処分を!

 スッキリしたら、また新しい予定やアイディアを書き込むのが楽しみになるはずです!

真っ白だからこそ自由に使える!

つい「シンプルで真っ白=何もない」と思ってしまいがちですが、本当は「真っ白=何でもあり!」ということなんです。

とにかく日々思ったことや出来事などを、自由に記入する習慣をつけることからスタートしてみましょう。


また、書き終わった手帳は、新しいものと一緒にしばらく持ち歩き、「もう見ないな」という時期になったら新しい手帳1冊だけにします。

古い手帳は記憶がわりに保管し、背表紙などの目立つ部分にナンバリングしておくと、後で見返す時に便利ですよ。


手書きの手帳は、毎日持ち歩くために、いつも持ち歩くバッグに入るサイズのものを選ぶのがベター。

いつでも書き込める状態にしておいて、お気に入りの一冊をオンでもオフでも上手に活用してくださいね!

上へ戻る