心を綺麗にする方法・汚れない美しい内面に生まれ変わる

心を綺麗にする方法とはどのようなものでしょうか?誰からも愛されて尊敬される人とそうでない人には違いがあるのです。心が綺麗になる方法を実際に試して、外見だけでなく内面から美しい人を目指しましょう。

心を綺麗にする方法・汚れない美しい内面に生まれ変わる

汚れた心を綺麗にする8つの方法

特別なことをしていないのに誰からも愛され、人を惹きつける魅力的な人は自然と尊敬されるものです。

誰からも好かれる人と、そうでない人の違いはなんでしょうか?

日ごろの行動パターンを比べてみると「心の綺麗さ」が大きく関係しているのが分かります。しかし、一点の曇りもないキレイな心を手に入れることは可能なのでしょうか?

では、「心が綺麗になる方法」を実際に試してみましょう。

1.身の周りの掃除をする

掃除をしてみよう

心の乱れ・汚れは身の周りを‟掃除“をすることで解消されます。整理整頓されていない、常に散らかった部屋にいると、心まで散らかって汚れてしまうのです。

自分の部屋は今の精神状態を表しています!

いつも部屋が汚い人は、心が疲れて汚れている可能性大!

もちろん、自分の部屋だけでなく外のゴミ拾いや草むしりなども効果的です。また、掃除をすれば人から感謝されるので、やる気にも繋がっていきますよ♪

2.感謝の気持ちを言葉にする

1日に何回「ありがとう」と、言葉に出していますか?感謝の気持ちで心が満たされているとき、人はイライラや醜い感情を持てません。

「ありがとう」と言うほど心が綺麗になっていくので、身近にある感謝できることを探してみましょう。

伝えたい相手が目の前にいない場合

手紙やメールで感謝の気持ちを伝える方法でもOK!

「ありがとう」という気持ちが湧いてくるのは、特別なことをされた瞬間だけではありませんよね。

例えば、仲良くしてくれている友達が今日もいつも通りに接してくれたこと、家族がいてくれること、街中ですれ違った人など、「今、自分が普通に過ごせているのは、周り人たちに支えられているからだ」と考えると、全ての人に感謝の気持ちを持てるようになります。

3.辛いコトも積極的に経験する

辛くても頑張る

できることなら心の傷は負いたくありませんが、辛い経験は人を成長させ他人の気持ちの理解力がより深まります。心を綺麗にするには、辛い経験をすることも必要なのです。

美しい心とは?

強い精神力と似ている

打たれ弱い人は心が腐りやすいため、キレイな状態をキープできません。辛い出来事にぶち当たると逃げ出したくなるものですが、我慢して耐えてみましょう。
つらくて逃げだしたいことを乗り越えた経験によって精神力が鍛えられ、心が綺麗になるのです。

4.イライラを溜めない

ストレスは心を汚す一番の敵です。一度イライラした気持ちを態度に表すと、他人からの好感度も落ちて近寄りがたいオーラを放ってしまうので、普段から苛立たないように心掛けましょう。

イライラしない方法

・運動をして、頭をスッキリさせる
・美味しい食事をする
・思いっきり笑う
・睡眠をしっかりとる

※健康的な生活を送ると、ストレスが溜まりにくくなります!

心の汚れや醜さはほとんどストレスが原因となっています。簡単に綺麗な状態にするためには、心にストレスを感じさせないことが大切です。

5.姿勢を正す

姿勢を正しく

姿勢が悪いと、臓器が圧迫されて呼吸が浅くなります。すると脳に酸素が充分に行き渡らなくなり、思考能力が落ちてネガティブなことばかりを考えるようになります。

姿勢を正すメリット

・心も身体も疲れにくくなる
・ポジティブな考えがしやすくなる
・まっすぐ前を見えるので、自信が付く

日ごろから姿勢を正しくしていると、心が綺麗になるだけでなく見た目の印象も良くなるので合わせて周りからの好感度がグッとアップしますよ。

6.美しいモノをたくさん見る

視覚情報は、脳と心に強い影響を与えます。例えば、ゴミが散らかっている街や人が怒鳴って争っている場面を見ると、嫌な気持ちになりますよね。逆に美しい風景や絵画や人が助け合っている場面を見ると、心がスッと癒される気持ちになりますが、この積み重ねが心の浄化に繋がります。

美しいモノを見るときのポイント

ネットの画像ではなく、なるべく本物を見ましょう!

ネットの画像や映像でも効果はありますが、実際の景色を見たほうが心に響きやすいので、道端の花や夕焼けなど身近な美しい光景をたくさん見つけると、どんどん心が綺麗になっていきますよ。

7.謙虚になる

部長にお礼を言う男

お店でお客だからと横柄な態度をとったり、職場で後輩や部下に偉そうな態度をし続けると、自分は「偉い人間」と勘違いをしていきます。心を綺麗にしたいなら、謙虚な気持ちを持つようにしてください。

謙虚になるってどういうこと?

・威張らない
・周りに感謝する
・自慢しない
・気配りができる
・他人の意見を受け入れられる

偉そうに威張っていると、自分の本当の姿はいつまでも分かりませんが、謙虚になれば自分の間違った行動や改善すべき点がたくさん見えて、成長し続けられるから心も綺麗になるのです。

8.自分は運がいいと思い込む

運がいい人とそうでない人に分かれますが、心の綺麗な人のほとんどが「自分は運がいい」と考えています。これは、強運の持ち主という訳ではなく、全てをポジティブに考えているから、運がいいと思っているのです

運がいいと思うとどうして心が綺麗になるの?

不満が無くなり、素直に生きていけるから!

運が悪いと思い込んだ人は『あいつのせいで、こんなダメになったんだ』『今の環境が悪い』と、不満をたくさん持つようになります。親しく接してくれる人、家族、働く環境さえあれば「運がいい」と考えることで、自然と心が綺麗になっていきますよ。

心を綺麗にすれば良い人生が手に入る

心を綺麗にすることは、なにも特別なことはありません。当たり前の日常で、少し考え方を変えるだけでも綺麗になるのです。ここで紹介した

  • 身の周りの掃除をする
  • 感謝の気持ちを言葉にする
  • 辛いコトも積極的に経験する
  • イライラを溜めない
  • 姿勢を正す
  • 美しいモノをたくさん見る
  • 謙虚になる
  • 自分は運がいいと思い込む

これらは、「心が綺麗になる・ならない」は関係なく、より良い人生を歩むために実践したほうが良いことばかりですよね。

1日1回でもいいので「今日の自分は心が綺麗でいられたかな?」と振り返る時間を持って客観的に自分の行動を見つめることで、心身ともに成長していけるはず