人間関係が円滑になる心構え・公私ともに上手くいく秘訣

人間関係を円滑に進めたいと思いますか?職場での悩みに人間関係を挙げる人は少なくないほど、他者とのコミュニケーションは難しいものです。今回は職場や友達間でも実践できる人間関係が円滑になる方法を紹介します。

人間関係が円滑になる心構え・公私ともに上手くいく秘訣

人間関係を円滑にする方法

人間関係というものは難しく煩わしさを感じることもありますが、現代社会で集団生活を送るうえでは避けられないものです。最近はSNSの普及からさらに複雑で難しくなり、職場でもプライベートでも悩みのタネとなりますが、意外と円滑にするためのコツは簡単なものばかりです。

今回は「人間関係を円滑にする方法」を紹介します。職場の人間関係に悩む人や、人見知りで人付き合いが苦手な人でも、すぐに実践できますよ!

常に「笑顔」でいる

笑顔の女性

「言葉」もコミュニケーションに重要ですが、相手により強い印象を与えるのが「笑顔」といったボディランゲージです。爽やかな笑顔を向けられて嫌な気持ちになる人はいませんし、無表情な顔をしている人よりも親しみやすさを感じるので、声を掛けられやすくなります。

笑顔で接する

いつも笑顔で相手の顔を見て接している人には声を掛けやすいので、人見知りの性格であっても笑顔でいると、相手から話しかけてくるようになり孤立しにくいです。

こちらが苦手だなと思いながら声を掛けると相手に伝わってしまうので、私は苦手な人とコミュニケーションをとるときも、笑顔でしっかりと顔を見て接するようにしています。

仕事中に話しかけるとパソコンの画面から目をそらさずに話す人もいますが、話を聞いているのかわからないので、受ける印象は悪いです。(30代/女性)

笑顔で相手の心を開く

対人関係は鏡を見る如し、と言われます。無表情や硬い表情で人に関わったら、相手も心を開いてはくれません。

まずは「笑顔」で挨拶、敬語で相手に話しかければ、大概の人は柔らかく返してくれます。(40代/女性)

「負の感情」を見せない

空を見上げる女性

不機嫌な様子やイライラは、自分が思うよりも周囲に伝わっているものです。機嫌が悪いのに無理に笑顔を見せるのは大変ですが、深呼吸したり一人になったりして一度落ち着いてみてはいかがでしょうか。

不機嫌な様子をみせない

露骨に怒りなど負の感情を出さないように気をつけています。逆の立場であったら、機嫌が悪い人には話しかけづらいと思うし、誰だって何かしら抱えていることはあるものなので、「嫌だけど、これで死ぬわけではない」と楽観視し、気持ちに余裕を持つようにしています。(30代/男性)

怒りを相手にぶつけない

喜怒哀楽という人間が持つ感情を「喜哀楽」にしてみることで円満な人間関係を気づく努力をしています。

私は中学生の頃、いつも周りに対してイライラして怒りの感情を様々な相手にぶつけていましたが、怒りを相手にぶつけることをやめたら、気持ちを穏やかに保てるようになって友達も増えました。(10代/女性)

声を掛けるときは「ワンクッション」

忙しい時はもちろんのこと、手が空いている時にも「すみません」や「今よろしいですか?」とクッション言葉を置いて声を掛けてもらえると、物腰が柔らかいイメージを与えられます。ソフトな印象は、人間関係を円滑に進めるためには必要なものです。

クッション言葉をしゃべる女性

上から物を言わない

誰が相手でも、他の人に仕事を頼むときには必ず「忙しいところすみません。○○をお願いしたいのですが」と伺いを立てるようにしています。

明らかに誰が見ても手が空いて暇そうにしている時でも、上から物を言わないようにしています。(40代/男性)

相手の話を「よく聞く」

会話中に相手が自分の話を聞いてくれていると思えると、嬉しさや安心感が得られます。それは他の人も同じことで、相手の話を途中で邪魔せずに相槌を打ちつつ聞く人は「聞き上手」として、周囲の人々と様々な話をしています。

色々な話を聞いていると、見えなかった関係や不満、長所が見えてきます。それとなく関係を調整したり相手の良い所を褒めたりすると、その場の空気が良いものに変わるでしょう。

会話する男女

聞き役に徹する

聞き役に徹し、相槌を打つことが人間関係を円滑に進めるために重要だと思っているので実践しています。

初対面の人に積極的に声を掛けたり話したりするのはなかなか難しいですが、相手の話を聞いて返事をすることは難しいことではありません。きちんと聞いて、きちんと返答するようにしていれば、相手がどんな人かもわかってきます。(30代/女性)

話をよく聞き、言葉を選ぶ

人の話をよく聞くことが大切です。話をしている時に、最後まで聞かずに自分の話をする人がいますが、相手に対して失礼だと思うので、私はしないよう気をつけています。

逆に自分が話すときは、言葉に気を付けています。何気ない一言で相手を傷つけてしまうので、よく言葉を選んで話しています。(40代/女性)

「悪口」は聞かない言わない

悪口ダメ、ゼッタイ!

根拠のない悪口や愚痴は「聞かず言わず」を貫き、悪口大会が開かれている場には近づかずにいるのが賢い方法です。

「ここだけの話…」と噂話を言おうとする人がいますが、その場合も「喋りたくなっちゃうから言わないで」「念を押されても忘れて喋りそう」と言ってかわしましょう。くだらない噂も悪口も、聞かない方が人間関係は上手くいきます。

悪口は百害あって一利なし

悪口を言わない、肯定しないようにしています。悪口を言うと、周囲からの印象が悪くなりますし、もちろん対象の人からも好かれないので、何も楽しくありません。

言った瞬間はスッキリするかもしれませんが、悪口は言えば言うだけ自分の中で相手の印象が悪くなり、その人の短所や欠点がもっと目に付くようになります。(20代/女性)

「他者中心的」になる

他人が「どう考えているか」「どう感じているか」ということは完璧にわかりませんが、相手の気持ちや考えに気を配り、お互い気持ちよく過ごす努力は出来ます。人付き合いの基本であるコミュニケーションを大切にすることで、もっと心地よい関係を築けますよ。

仲の良い女性二人

まずは自分を見直す

「伝えたことが伝わったことではなく、伝わったことが伝えたこと」は、仕事で常々言われてきた言葉です。周りとのコミュニケーションを円滑に進めていくには、自分自身の行動や言葉を大事にしていくことが重要です。

上手く情報の共有ができなかった時に「言ったのになんで分からない」と相手を責めるのではなく、自分の言い方が悪かったのでないかと考えなさいと先輩に言われ、自分自身の考え方も大きく変わりました。(30代/男性)

「信用」は一日にしてならず

相手に頼みごとをする場合は、普段から自分が相手の依頼を引き受けていると、やってくれる確率が高くなります。信頼関係も同じことで、他人から信じてもらうには自分から信じるのが一番手っ取り早いです。

まずは自分から信じる

仕事でもプライベートでも、信じてもらうには自分から信じることが大事です。

人間関係を円滑にしたいのであれば、相手の話をきちんと聞いて受け入れ、自分の思っていることを嘘もごまかしもなく正直に話すことです。(20代/女性)

人間関係を円滑にする他者中心的な考え

人間は基本的に自己中心的な性格をしていますが、他人から見るとあまり良い印象が持てません。視点の中心を他者にすることで、相手はこういうことを期待しているかな、こうすれば喜ぶかな、ともっと積極的に動けるようになります。口下手だから、人見知りだからと言い訳せずにポジティブに行動することで消極的な性格が改善されて、より円滑な人間関係を築いていけるでしょう。