パームコーブ観光レポ・大人な雰囲気漂うビーチと街が魅力

パームコーブを観光するなら、絶景のサンライズは見逃せません。白浜と青い海の美しいコントラスのもと優雅な時間を過ごせる静かな町パームコーブへは、オーストラリアのケアンズ空港から車で約30分です。

パームコーブ観光レポ・大人な雰囲気漂うビーチと街が魅力

パームコーブ観光を1日だけ満喫!

オーストラリアのケアンズ郊外、ビーチリゾート地のパームコーブ(Palm cove)で女子旅を満喫してきました。今回は、白い砂浜が広がる静かな高級リゾート地「パームコーブの魅力」を紹介します。

パームコーブは、オーストラリア各地から休暇を楽しむ人たちが集まります。カップルや家族連れも多いのですが、落ち着いた雰囲気の町です。

観光名所「パームコーブビーチ(Palm Cove Beach)」には南国リゾートらしいヤシの木と白浜と青い海の絶景がひろがり、高級スパ、オーガニック料理が食べられるレストラン、お洒落なブティックが軒を連ねているショッピングエリアなど、オーストラリアの中でも大人の女性がリラックスして過ごせる観光スポット「パームコーブ」には魅力がいっぱいです!

パームコーブビーチ

ケアンズ空港からパームコーブへの移動手段

今回はジェットスター航空のセールでチケットをゲットしました。ケアンズと関西空港の往復で約5万円と激安!ケアンズ空港には早朝4時着なので、パームコーブまでの移動手段にシャトルバスを予約しました。

オーストラリアのタクシー料金は日本より少し割高で、早朝料金だとケアンズからパームコーブまで60豪ドルくらいです。

シャトルバスは安全なうえに料金も安いので、一人旅にオススメです。パームコーブまでは「サンパームバス(SUN PALMバス)」のシャトルで18豪ドルでした。

シャトルバスは事前に予約することも可能です。当日チケットを買う場合は、到着ロビーでサンパームバスの窓口で買えます。

サンパームバスの窓口

シャトルバス・カウンターの近くの出口をまっすぐ進むと「シャトルバス乗り場」があります。市内行きのシャトルと、パームコーブ、ポートダグラス方面のシャトルバスが来るので、降りてきた運転手さんに行先を確認すると安心です。

シャトルバスは相乗りのマイクロバスでしたが、私以外の乗客は一組だけでした。パームコーブには30分ほどで到着し、早朝だからか野生のカンガルーや色鮮やかな鳥たちに遭遇できましたよ

パームコーブの夕日

ホテルに向かう途中で朝日が昇りはじめたのですが、パームコーブは東側の海岸なので美しいサンライズを浴びることができますよ。携帯のカメラでも、綺麗な景色が撮れました!さっそく美しい自然に癒されまくりです。

サライ ブティック ホテルに宿泊

今回はパームコーブの中心地で、海の真ん前の便利な立地の「サライ ブティック ホテル(Sarayi Boutique Hotel)」に宿泊しました。古い建物ですが、レトロで可愛らしくリノベーションしている綺麗なホテルですよ。

サライ ブティック ホテル

朝食付きのプランを予約すると、一階のレストランで朝ごはんを食べられます。また、余談ですが…(恒例か…)、レセプションのお兄さんがイケメンで癒されます!これ、毎度感じていますが、女子旅には重要なポイント(笑)

サライ ブティック ホテル その2

「SARAYI HOTEL」はインターネトで予約したのですが、ワンベッドルーム ・アパートメント(1 Bedroom Apartment)タイプの部屋を確保!大きなリビングルームにベッドルーム、バルコニー付の部屋が2泊で約3万4千円。

ケアンズは熱帯雨林が近くにあるので少しは覚悟してきたのですが、滞在中に苦手な虫とは遭遇せずにすんでホッと一安心…。

早朝のフロントは無人なので、事前に早朝に到着することをメールで知らせました。そのメッセージに対する返信には「入り口のポストに部屋の鍵を入れています。ポストの暗証番号は△×△です。そのまま部屋に入っていただいて、起きたらチェックインしてください」という内容でした。

英語が苦手でニュアンスしか理解できず不安だったのですが、ちゃんとホテルの入り口のポストに部屋のカギが置いてありました。でも、やっぱり部屋に入るまで少しドキドキしたりして、海外ならではの(?)珍体験でした。

エレベーターがないホテルなので部屋まではレトロで可愛い階段をのぼっていくのですが、朝からなかなか良い運動になりました。

部屋の雰囲気を画像でご覧ください。散らかした後の写真ですみません(汗)。手前に写っているのがキッチンです。

サライ ブティック ホテルの宿泊部屋

ここはメインのリビングルームにエクストラベッドを追加した写真で、他にもう一部屋独立したベッドルームがあります。

サライブティックホテル

95 Williams Esplanade,Palm cove, Cairns, Australia

さあ!パームコーブで街歩き開始

小さな田舎町といった雰囲気のパームコーブは徒歩で行動できます。こじんまりしたスーパーマーケットやコンビニ、レストラン、高級スパリゾート、センスの良いブティックなどがあります。

パームコープのヤシの木

次の画像はスーパーマーケットとカフェを併設している「PALM COVES BIGGEST SUPER MARKET」です。

パームコープにある「PALM COVES BIGGEST SUPER MARKET」

水やお菓子、パンなどを販売するコンビニのようなお店です。横のカフェではアイスクリームやコーヒーなどが売られています。

横にはカフェがあります

ビーチ沿いの道を南下していくと、お洒落なレストランやカフェが続くエリアが広がっています。元気なご年配の人たちが昼間からレストランで飲んでいて何だか楽しそうです。

パームコープのカフェ

パームコープの風景

砂浜が美しいパームコーブビーチに到着

白浜と青い海で有名なパームコーブですが、私が行った日は大雨の翌日だったので海が濁っていました…。年間300日が「晴れ」と言われているケアンズなのに…、私ってば…、いつかリベンジしたいです!

海は少し濁っていましたが、さすがバームコーブビーチ!青い空に美しい白浜は写真映えしますね。背の高いヤシの木が並び、南国のカラフルな植物があちこちで見られます。

パームコーブビーチのヤシの木とカラフルな花

海岸沿いには、ハンモックやベンチでリラックスできる場所が多くあるのですが、こんなに近くに「ワニ注意!」の看板が!「いやいや、ぐっすり眠ってはいられない」とカルチャーショックを受けました。

パームコーブビーチの風景

お洒落なレストラン「Nunu」でランチ

パームコーブではケアンズ市内とは違って、あまり日本人観光客を見かけません。レストランでも多少の英語力が必要となるので、いい意味で語学練習になります。カタコト英語しか話せない私は、何よりメニューの読解に苦労しました。

レストランNunu

今回訪れたのは「Nunu」というレストランで、朝食、ランチ、ディナー、カフェ利用ができます。オーガニックメニューが多かったのですが名前だけではどんな物か想像できず、店員さんに内容を質問してなんとか注文するといった感じです。

レストランNunu その2

パームコーブはビーチウェディングの人気スポットで、海沿いのレストランは貸し切りで入れないこともあるので事前にチェックしてください。運が良ければ、地元の人のウェディングパーティを見ることができますよ

レストランNunu その3

海が見えるお洒落なオープンテラスのレストランに、貸し切り時間のギリギリ前に到着!もう、店内の雰囲気が素敵過ぎて、そこに居るだけでリゾート気分を存分に満喫できました。

チキンとスモウライスとサラダ

注文したのは、チキン、スモウライス、サラダです。ちょっと頼み過ぎてしまい、3プレート出てきたので盛りつけてみました。最初に出てきた「バナナの塩チップス」は持ち帰りたいくらい美味しかったです。

バナナの塩チップス

このレストランのスタッフは皆さん、とても親切でした。英語が下手な私にも嫌な顔をせず、丁寧にメニューを説明してくれました。

レストランNunuのメニュー

高級レストランや観光客向けのレストランでクレジットカード決済をするとチップの欄があるので、ほんの気持ちだけチップの金額を記入します。以前アメリカに行ったときは、チップを嫌々、支払っていたこともあるのですが、良いサービスを受けたときに感謝の気持ちを表せるチップ文化も悪くはないと思うようになりました。

Nunu

住所/1 Veivers Rd, Palm Cove QLD 4879 Australia

パームコーブの買い物ストリート

パームコーブのストリート

海岸沿いの道を北方面へ歩いていると、小さなブティックが並ぶエリア「パームコーブ・ショッピング・ビレッジ(Palm Cove Shopping Village)」があります。

パームコーブ・ショッピング・ビレッジ

南国らしい色とりどりの看板に、かわいい建物が目印です。「PALM COVE」をインスタで検索すると、この周辺で撮られたお洒落な写真が沢山アップされていますよ。ビーチスタイルのブティック、ミニスーパー、レストランなどがありました。マッサージ店もあったので、お買い物に疲れた時に立ち寄ってもいいですね。

ブティックAnnies

ブティックAnnies

「Annies」というブティックでは、お洒落なワンピやビーチスタイルの服が売っていて、マキシワンピは120ドルぐらいから扱っていましたよ。

ブティックAnnies

パームコーブ・ショッピング・ビレッジ

住所/15/117 Williams Esplanade, Palm Cove QLD 4879  Australia

さらに北へ歩いていくと、高級ブティックのあるエリアに出ます。「ペッパーズビーチクラブ&スパ(Peppers beach club &spa)」の一階には、数軒のブティックが入っています

雑貨店TROPICAL STYLE

特に雑貨店の「TROPICAL STYLE」は、商品のセレクトが大人のビーチスタイルが素敵でクラッチバッグが150豪ドル~といった価格帯でした。隣にはドレスや水着、アートを扱うお店などが並んでいます。

Peppers Beach Club & Spa

住所/123 Williams Esplanade, Palm Cove QLD 4879 Australia

この日は朝から街歩きをして買い物とパームコーブを大満喫したので、夕食は便利な立地にある宿泊先「SARAYI HOTEL」近くのレストラン「THE Rising Sun Bar & Bistro」に入りました。

レストランTHE Rising Sun Bar& Bistro

お店の雰囲気は気軽に入れるレストランといった感じで、夜遅くまで営業しています。

ビッグサイズのハンバーガー

注文したのは「ビッグサイズのハンバーガー」です。かなりボリュームがあって、これで15ドルくらいだったと記憶しています。

THE Rising Sun Bar & Bistro

住所/95 Williams Esplanade, Palm Cove QLD 4879 Australia

次の目的地へ向かうためパームコーブを後にする

翌日はケアンズ空港からゴールドコーストへ向かう早朝便に乗るため、ホテルの受付のお兄さんにタクシーの手配をお願いしました。少しだけ不安でドキドキでしたが、ちゃんとタクシーは来ていました。ケアンズ空港まで、タクシーを利用しましたが早朝料金で約65豪ドルでしたよ。

日本人が少ないエリアなので、海外気分を満喫したい人や英語力を試してみたい人にはオススメのエリアです!