美味しいスープの作り方【ほうれん草のビシソワーズ】お手軽レシピ

普段不足しがちな野菜を美味しく食べられるスープの作り方。ビタミン、ミネラルいっぱいの「ほうれん草のビシソワーズスープ」は、夏には冷やすとのど越しが良く、冬はホットで体の芯から温まります。

美味しいスープの作り方【ほうれん草のビシソワーズ】お手軽レシピ

冷やしてもホットでも美味しいスープの作り方

食欲がないときや朝食を簡単にすませたいときに活躍してくれる美味しいスープほうれん草のビシソワーズは、のど越しがよく作り方も簡単なお手軽なレシピ!じゃがいも、玉ねぎ、牛乳で作る定番のビシソワーズに、ビタミン、ミネラル豊富なほうれん草を加えれば栄養度もさらにアップ!野菜嫌いなお子さんも、これなら飲んでくれるかもしれませんよ。

  • 夏は冷蔵庫に入れて冷やす
  • 寒い時期には熱々にする

どちらでも美味しいスープは季節を問わず飲みたくなります。クロワッサンやトーストなど洋風メニューとの相性が良い「ほうれん草のビシソワーズ」を美味しいスープの定番に!

ほうれん草のビシソワーズスープの作り方

ほうれん草のビシソワーズ材料 (5人分
食材 分量
ほうれん草
100g
じゃがいも
150g
玉ねぎ
80g
コンソメ(キューブ)
1個
牛乳または豆乳
400 cc
バター
15g
300 cc
少々
コショウ
少々
クルトン
お好みで
  1. ほうれん草は4~5cmの長さ、じゃがいもと玉ねぎは2-3mmの厚さに切ります
  2. 深さのある鍋を弱火に近い中火にかけ、バターを入れたら、じゃがいもと玉ねぎを炒めます。ここでは焦がさないように注意して炒めましょう
    バターを入れたら、じゃがいもと玉ねぎを炒めます
  3. 全体的にしんなりしてきたら、水を入れてアクをとりながら煮ます
  4. 大体アクがとれたら、コンソメを入れ、しばらく煮ます。沸騰させないように注意しましょう。しばらく煮たらほうれん草の茎の部分を入れます
    ほうれん草の茎の部分を入れます
  5. 煮はじめて15分くらい経つと、じゃがいもが混ぜただけで形が崩れるようになります。そうなったら、残りのほうれん草を入れ、しんなりするまで煮ます。ほうれん草の葉はすぐに火が通るので、少しだけ煮ればOKです
    残りのほうれん草を入れ、しんなりするまで煮ます
  6. 鍋を火からおろし、鍋の底を水などに付けて粗熱を取りましょう。熱々のままミキサーには入れないで!急がない人はしばらく放置しておいてもOKです。
  7. 粗熱が取れたら、ミキサーにかけ、また鍋に戻します
    ミキサーにかけます
  8. 弱火に近い中火にして、牛乳を入れ、よく混ぜながらしばらく煮ます。ここでも沸騰させないように注意!
    牛乳を入れ、よく混ぜながらしばらく煮ます
  9. 最後に塩、コショウをお好みで入れて味を整えます
    最後に塩、コショウをお好みで入れて味を整えます
  10. 出来上がったらタッパーなどに移し、冷蔵庫でしばらく冷やしておきましょう
  11. 食卓に並べる直前に器に入れて、クルトンなどを浮かせたらできあがり!
    ホウレン草のビシソワーズスープ出来上がり

※調理時間: 準備 + 調理 = 合計

上へ戻る