生姜ドリンク作り方・動画あり体温め効果満点スムージー

野菜も手軽に食べられて、身体も健康になれる「生姜入りグリーンスムージー」を紹介。ピリッとした刺激が苦手な方に「マイルドタイプの味」に仕上げる作り方。

生姜ドリンク作り方・動画あり体温め効果満点スムージー

美味しい生姜ドリンクの作り方

ダイエット効果も期待され大ブームになった「生姜ドリンク」をグリーンスムージー仕立てで飲みやすくアレンジしてみました。忙しい朝でも食事代わりうにクイッとコップ1杯「食べるように飲める」ので、スムージーは現代のライフスタイルに適した飲み物として根強い人気がありますよね。

数々のレシピの中から「冷え症改善」が期待できる、口あたりが優しい「生姜ドリンクスムージー」を紹介します。寒い季節だけじゃなく、オールシーズン身体の冷えに悩む女性にオススメです。

生姜ドリンクスムージー レシピ
レシピの分量 2~3杯分
準備時間と調理時間の合計
材料
しょうが 1片
バナナ 1本
フルーツ(りんご、グレープフルーツ、すだち、レモンなど酸味のあるもの) 適量
緑の葉野菜(ケール、ほうれん草、小松菜など) 適量
他の野菜(トマト、人参など) 適量
適量(200cc程度)

オフィスでは作り方が簡単な「ショウガ紅茶」を飲んで、自宅では朝やお風呂上りに「生姜ドリンクスムージー」を飲むなど、生姜ドリンクを日常のシーンに合わせて取り入れて体をポッカポカに温めて下さいね。

▼生姜ドリンクスムージー「辛味を除く」ポイント

ショウガ独特の刺激を抑えた、美味しく飲みやすいグリーンスムージーを作るポイントは2つあります。

1.バナナを入れる
2.フルーツと緑の割合を6:4にする

しょうがグリーンスムージの辛味を除くポイント

今回のレシピの材料はフルーツ、野菜などすべて「適量」と記していますが、それは「6対4」の法則があるのでチョイスした果物などによって分量が変わるからです。

生姜のピリッとした辛味を消すために、口当たりが優しくなり味がまろやかになる「バナナ」を加えて下さい。また、バナナは甘みが強いので一緒に加える他のフルーツは、ちょっぴり爽やかなものがオススメです。

例えば…

・レモン
・すだち
・グレープフルーツ

今回は酸味のあるトマトを野菜に選んだので、バナナ以外のフルーツは入れませんでした。

▼マイルドな生姜ドリンクスムージーの作り方

1.生姜、フルーツ、野菜をカットしてミキサーに入れて好みに応じて水を加える。
※葉野菜を上に置くとスムーズにブレンドされます
※サラサラした仕上がりが好きな人は水を多めに入れる

2.ミキサーのスイッチオン!
※野菜の形がなくなるまで回したら完成です!

野菜をミキサーに入れます 生姜ドリンクスムージーの作り方


スムージーに適さない野菜

でんぷん質を含んでいるキャベツなどは避けましょう

スムージーに適している野菜

・ケール
・ほうれん草

酸味のある果物を6割、葉っぱ類や人参などの野菜を4割、そして、まろやかな味に仕上げるバナナと体を温める効果が期待できる生姜をミキサーに放り込んでスイッチオンするだけで、簡単に生姜ドリンクスムージーは完成します。

生姜ドリンクは常夏ハワイでも欠かせない

ビタミン、ミネラル、葉酸、カルシウム、たんぱく質、食物繊維などを含むケールが使われている食品で代表的なのは「青汁」なので「苦そう…」と、抵抗を感じる人も多いと思いますが、フルーツと組み合わせれば飲みやすくなります。

栄養たっぷりのスーパーフード「ケール」は、まだまだ日本では手に入りにくい食材ですがハワイのファーマーズマーケットでは安く購入することができます。

一年中ハワイは常夏なので「冷え」と関係なさそうに思うかも知れませんがせんが、バス、レストラン、学校など、暑いハワイではどこもかしこもクーラーで冷えびえしているので、カーディガンや羽織物は必須アイテムなのです。でも、やはり外から覆うだけでは足りず、身体が芯から冷えてしまうので体調管理には気を遣います。

そこで、ハワイでも日本でもどこでも、やっぱり「冷え」は女性の大敵!と思い、生姜ドリンクスムージーを日常的に摂取するようにしてみたところ、少しずつ手足や指先の冷えが改善されてきましたよ。

紅茶だけでは飽きてしまったので、思い切ってグリーンスムージーに生姜を入れてみたのですが、これが美味しい!身体もぽかぽかして風邪を引きにくくなりました!

私は毎朝、生姜ドリンクスムージーを作って飲んでいるのですが、どの野菜やフルーツを入れようかと悩む贅沢な時間をありがたく感じています^^皆さんも、ぜひ、生姜ドリンクスムージーを飲んでみてくださいね