ホーチミン女子旅で行くべき・ドンコイお洒落な癒しスポット

ホーチミンへの女子旅を計画中の方に現地旅ライターがベトナム旅行中の疲れを癒してくれるお洒落スパ、リーズナブル価格でお姫さま気分を味わいながら爪ケアできるサロンや美味なモヒートが飲めるカフェを紹介。

ホーチミン女子旅で行くべき・ドンコイお洒落な癒しスポット

ホーチミン女子旅プランに追加したい穴場

シンチャオ!ベトナム・ホーチミン在住の旅行ライター、チエリです♪えー、本日も安定の35℃超えなり(笑)暑いです!

いきなりですけど…、暖かいところで生活していると、新陳代謝が活発になって髪の毛や爪が伸びるのも早くなるって皆さん知っていましたか?

私もベトナムに暮しはじめてから、月イチのネイルサロン通いが必要になったほど、自分の爪の伸びる速さに驚いてます(日本に居る時よりもはるかに伸びるスピードが速いんですよ!)気温の違いに対応するために、身体にも変化が現われるのは当然かも知れませんが、やっぱり不思議です。

ホーチミンに女子旅をするなら、やはり「おしゃれ・可愛い・美味しい」と、3つのキーワードは欠かせませんよね。ベトナム観光でホーチミンを訪れる人が必ずと言っていいほど足を運ぶ「ドンコイエリア」にあるお店です。旅の疲れを癒せますので、ぜひ、立ち寄ってみて下さい

ベトナムの地図

タイトル

大きな時計が印象的なドンコイエリアの隠れ家カフェ

ホーチミン観光の中心地、通称「雑貨ストリート」と呼ばれるドンコイ(Dong Khoi)通りを、聖母マリア教会方面にぐんぐん北上していくと、リーチューチョン(Ly Tu Trong)通りが見えてきます。大型ショッピングモールのビンコムセンターの目の前に、今回、ご紹介する隠れ家カフェLoft Caféがあります。

”ベトナムあるある”のひとつなのですが、可愛い隠れ家的カフェはなぜか雑居ビルの中にあるのです(笑)『え?こんなビルに本当にお洒落スポットがあるの?』と、ベトナムを訪れた友人たちを案内する度に、誰もが驚くほど見た目と内側のギャップが激しく、外観で”可愛い&お洒落”かどうかを判断するのは難しいんですよ。

残念ながら雑居ビルの外観写真はないのですが、代わりに、素敵なカフェ「Loft Café」の中の様子をチラッとお見せしちゃいます♪

ベトナムのオシャレなカフェ「Loft Café」

雑居ビルの2Fを目指して階段を上りドアを開けると…、別世界がそこに現われます。温もりを感じさせる照明や天井の木の梁などがオシャレでしょ?リラックスできるステキ空間なんですよ。

店内に流れるJAZZYなBGMがまたいい感じで、ここがベトナムであることを一瞬忘れちゃいそうなNYっぽい雰囲気に包まれています。天井が高く開放感もあって、すっごく気持ちよくて居心地満点英語表記のメニューもあり、店員さんも英語が通じるので、観光の合間に安心してひと息つくことが出来ますよ。

店内に入ったら、店員さんの誘導は待たずに好きな席に座って下さい。にこやかな店員さんが間もなく注文を取りに来てくれます。オシャレ系のカフェで働くベトナム人の店員さんたちは、「英語が上手&可愛い&かっこいい&お洒落への意識が高い人」が多く、ファッションセンスなども参考になります。

時計の役割を持つ窓

時計のような丸くて大きい窓がまさしくアートですね

「Loft Café」にはシンボルともいえる大きな時計のオブジェ的な窓があり、店内に差し込む光の色などが時間と共に変化して、幻想的な雰囲気に包まれます。まるで、ファッション雑誌の撮影スポットみたいでしょう?ホントに素敵なんですよ実際に撮影に使われることも多いようで、何度かベトナムのインテリアの雑誌で見かけました。

お客さんのほとんどが、ローカルのベトナム人の若い子たち。みんな思い思いにお喋りをしたり、PCを持ち込んで勉強をするなど、まったりとした時間を満喫している感じです、店員さんも基本的にそっとしておいてくれるので、長居しても全然OKなカフェなんです。もし、一人静かにお上品に(?)「Loft Café」で本を読んでいる日本人らしき人がいたら、きっとそれは私です(笑)

「Loft Café」おすすめは「モヒート」

さてさて、ここはカフェなので、本来は、お茶を飲むところなのですが…、是非おススメしたいのは、なんといっても「モヒート」です。『え?昼間っからお酒飲むの?』と、思われた皆さま、 いいの、良いのです!ホーチミンは気温が高いので、お酒を飲んでもすぐに汗と共にアルコールが飛ぶ(ような気がする)ので、私は平気なんですっ(お酒に弱い方は、お茶を召し上がってくださいね)

ミントでのど越しが爽やかになりそうな「モヒート」

こちらが美味しいと評判の「モヒート」です。ミントの葉っぱとベトナムライムが”これでもかっ!”っていうくらいに入っていて、見た目も美しくキレイなのです。ちなみに、運ばれてきた時点でグラス半分くらいまでライムが入っている状態(笑)

お味はというと…、結構、アルコール度数は強めですがライムとミントの相乗効果で味はさっぱりしていて飲みやすいのでグイグイいっちゃいます。お酒に強い体質でもジュース感覚で飲むのはキケン!海外旅行中に体調を崩して病院へかかる羽目になると、支払いや手続などが面倒ですよ…。

ホーチミンは一年中暑いので、喉ごし爽快なビールやサッパリ柑橘系のお酒が欲しくなり、つい飲み過ぎてしまうのですが『カフェでモヒートを飲むなんて、私ってオトナだわ』と…、自己満足の世界に浸るのも楽しみのひとつなのです。

ご存知のとおり、ベトナムではハーブの種類が豊富なうえに凄くフレッシュで美味なのです。モヒートに入っているライムも、日本のそれとはちょっと違い、もっと香りと味がワイルド(強め)なので、日本では飲む機会があまりないであろう「ベトナムミントとライムたっぷりのモヒート」を、ぜひ味わってみてくださいね。

モヒートのお値段は1杯約400円で、コーヒーは約350円です。ピザやサンドイッチなどの軽食をつまみながら一杯やるなど、旅行ならではの楽しみを満喫して下さいね。

Loft Cafe

住所:26 Ly Tu Trong | 1st Floor, Ben Nghe Ward, District 1, Ho Chi Minh City

技術は高い・料金は安いネイルサロン

さて、カフェでまったりした後は、こちらも本当は教えたくなかったネイルサロンをご紹介します。地元民ご用達のオシャレなサロンなんですのよ

場所は「Loft Café」へ向かう際に歩いて来たドンコイ(Dong Khoi)通りを戻り、シェラトンホテルを目指して歩いていきましょう。シェラトンを過ぎて、更に、もう少しサイゴン川方面へと向かって歩くと、マクチブォイ(Mac Thi Buoi)通りが見えてきます。目印は角の「Caffe bene」。そこを左に曲がった5軒目位のところに「真っ赤な外観のネイルサロン『Fame Nails Salon』」が見えてきます。

旅先で知らないお店に飛び込むのはドキドキしますが、思い切ってサロンのドアを開けて中に入ってみましょう。清潔感あふれる赤と白のインテリアが特徴敵で、ちょっとレトロな雰囲気漂う可愛らしさ満点の店内なんですよ。

レトロなムードが漂うネイルサロン「Fame  Nails Salon」

マッサージチェアに座りながらネイルを施してもらえるので、リラックス効果抜群なのです。

スタッフはみんなベトナム人の若い女の子ですが、『Fame Nails Salon』のネイル技術はホーチミンでもナンバー1と言っても過言ではないかも知れませんセンスが欧米寄りなので、ローカルネイルサロンにありがちな、ちょっと残念なデザインにはならないのでご安心下さい。

スタッフさんに促されてマッサージチェアに座ると、すぐにメニュー表を持って来てくれます。メニューは英語表記パターンもあるので、ベトナム語が解らない方でも大丈夫ですよ。チエリのおすすめは、足元をパッと華やかな印象にする「ペディキュア」と「ハンドジェルネイル」です。日本と同じくらいのクオリティのネイルが超お安くできちゃうのです!

激安価格だけど安心してネイルの施術が受けられる

ネイルの値段は「ペディキュア」と「ジェルネイル」の両方合わせて約3,500円。日本ではジェルネイルだけでも5000円位はしますから、どう考えても安いですよね。

『Fame Nails Salon』で使用している材料は「O・P・I」などのメーカー品が多くて品質も良く、クオリティが高く、衛生面もしっかり管理されているし”安かろう悪かろう”ではないのでオススメすることができます。

ちなみに…、道端のローカルネイルサロンの中には(全部ではない)消毒をしていないニッパーなどを使い回す、”衛生面が気になる店舗もある”ので慎重に店選びをして下さいね。

それでは早速ベトナムでジェルネイルをしてもらいましょう

さっそくいつもの担当者が来てくれて施術スタート!甘皮処理から始まって一通りのケアをしてくれます。私はいつも、ジェルネイルとペディキュアをセットでやってもらっています。ベトナムには手先が器用な人が多くて、すっごく細かいデザインもちゃちゃっと手早くやってくれるので感動です。

手と足の担当に分かれて二人のネイリストが同時に一本一本、丁寧にネイルを塗って爪をキレイに美しくしてくれるので、お姫様気分を味わえます

ベトナム語が分からなくても、簡単な英語なら通じるので大丈夫!店内に何冊か置いてある、日本のネイル雑誌から好きなデザインを選ぶ方法もありですよ。ちなみに私は、事前にネットで調べて、希望するデザインの写真を見せて施術してもらっています。

ネイルサロンでは様々な国籍の女性と出会う機会があり、皆のネイルデザインを見てきましたが、好みのデザインって、すごく国民性が出るんですよ!チエリ観察によると…、北欧系の人はなぜかブラック系のネイルが好きで、ローカルエリアに住むベトナム人は派手目の色合いが好みで「強烈なピンクや真っ赤な色」が主流です。また、韓国系の女性たちは、全部の指を違う色に塗るなどオシャレに遊び心を取り入れる傾向があるみたいです。みんな好みが違っておもしろい♪

ネイルが完成した!

まずは希望通りに、ちょっぴりポールスミスを意識したデザインに仕上げてもらったフットネイルを披露いたします。

このカラフルなフットネイルをご覧あれ!

なかなか可愛いでしょう?ホーチミンでは一年中、裸足にサンダル履きの生活なのでペディキュアはマストなんです。日本に住んでいたら、恐らくこんなにカラフルなデザインには挑戦しない(できない)と思いますが、ここは南国ホーチミンなので思い切ったデザインを試したくなっちゃうんです。住んでいる土地の気候は性格に影響すると言われていますが、本当にそうだと思います。

お次はジェルネイル!

可愛い香水のボトル

ネイルが綺麗に見えるように、香水のボトルを握ってみました 細かいキラキラのシェルもあしらって、キュートな夏らしい印象に仕上げてもらいました(というか、ベトナムは一年中夏なので、いつも夏向きデザインをオーダーしてます笑)

日本でなら会社的には絶対にNGになる派手な色使いのネイルデザインも、ホーチミンに居るからこそ楽しめます旅行でベトナムへいらした方も、いつも違うデザインにトライして冒険してみて下さいね。

お客さんで溢れている人気サロンの様子

私は毎回ジェルネイルをしているので、前回塗ったジェルを落とす時間が若干プラスされますが、ペディキュアとジェルネイルの所要時間はトータルで2時間半位です。可愛いネイルが仕上がる頃には、満席になりました。本当に人気があるんです。

お客様に人気ですね

サロンの客層はベトナム在住の欧米人が多く、一人で来店して、ゆっくり寛ぎながらネイルを施して帰って行きます。(チエリ観察による)外国人の在住者が集まるということはやっぱりクオリティが高い証拠!納得です。

ネイルを担当してくれた方に、2万ドンから5万ドン(100円から250円位)のチップをそっと渡してあげると、とっても喜ばれます♪もちろん強制ではないので、納得のいく仕上がりになったらでOKです

Fame Nails

住所:45 Mac Thi Buoi Street, Ben Nghe Ward, District 1, Ho Chi Minh City

ひっそりと佇む隠れ家的スパへ潜入

駐在員からも絶大なる信頼を得ている素敵なサロンですので、自信を持って紹介できる安心安全のスパです。場所は、日本人街Le Thanh Ton(レタントン)通りからすぐそばの、Ton Duc Thang(トンドゥックタン)通り沿いにあります。観光客のみなさんが良く行かれるDong Khoi(ドンコイ)通りからも、徒歩10分程度で行くことが出来ますよ。ではさっそく行ってみましょう!

まずはスパの外観から。両隣には飲食店がありますが、比較的静かな場所にひっそりと佇んでいる隠れ家的な雰囲気です。スパの名前は『モックフーンスパ』です

ドンコイエリアのモックフーンスパ

外観も素敵でしょう?いつも外にはガードマンの人が常駐していて、行くと必ずドアを開けて歓迎してくれますよ。

まず、中に入ってソファーに座ると、飲み物が運ばれてきます。「ハス茶」とベトナム名物「ジンジャーとハスの実の砂糖漬け」です。それを食べながら、ゆっくりメニューを選びましょう。

私がおすすめしたいメニューは2つあります。とにかく疲れていて、ゆったりマッサージを楽しみたい場合は『スウェディッシュマッサージ』です。優しく全身をもみほぐしてくれて、どちらかというとアロママッサージのようなソフトなタッチです。

もう1つは、スパの名前にもなっている『モックフーンスパ』です。スウェディッシュスタイルに、指圧やタイ式マッサージも組み合わせたお店オリジナルのマッサージです。こちらは、スウェディッシュよりももっと強めのマッサージで、身体の各部分をストレッチしたり歪んでいた部分を直してくれたり。終わった後スッキリする感じのコースです。

他にも指圧やハワイアン、タイ古式や4ハンドや6ハンドマッサージなどなど、様々なメニューがありますので、どうぞゆっくり悩んで決められてくださいね。

さて、コースが決まったら、ロッカーのカギを貰って、更衣室に行きましょう。わくわくしますね~♪

清潔感あふれるロッカールームにサウナもある

ベトナムの一般的なマッサージサロンだと、更衣室もただ単にカーテンで仕切られた簡易的な物が多いのですが、こちらのスパは男女別の更衣室があります。日本では当たり前の設備ですが、ホーチミンでは意外と珍しいんですよ。

ホーチミンでは珍しいサウナ

そしてこのスパの売りはサウナです!左が「ミストサウナ」で、レモングラスの香りがほんのり香る室内です。右は普通のサウナで、こぢんまりしていますが、どちらもいつも清潔に保たれていて旅行者でも安心して使用できます。

そしてロッカーはこんな感じです。「ベトナムあるある」の鍵が壊れているとか閉まらないなどは一切ありませんので、安心してくださいね。最初にもらった番号のロッカーを開けて着替えましょう。

木の美しさが感じます

ロッカーの中には「施術着」と「貴重品を入れる小さなポーチ」そして「バスタオル」と「フェイスタオル」が入っています。タオルが足りない場合は、こうして棚に置いてありますので、自由に使うことが出来ます。

タオルはコチラの棚にもあります

施術前には必ず右の備え付けのお水を少し飲んでおくことをオススメします。そして終わった後も水分を十分取ってくださいね。マッサージをして血の巡りが良くなりますので老廃物を押し出すためにも水分は十分に取りましょう。

施術着に着替えてロッカーを出ると、担当してくれるセラピストが待機しています。セラピストは、こちらのロッカーの鍵の番号を確認して、自分の担当するお客様を見分けますので、カギと貴重品は忘れずに持って行きましょう。

こちらのスパだけに限らず女性専用サロンでない限り、ベトナムのスパは全て男女混合の部屋でマッサージが行われます。こちらのサロンでは左右との仕切りは大きなカーテンで遮断してくれますのでご安心ください。

カップルで利用する場合、要望があれば2人の間にあるカーテンを開けてくれます。知らない異性と隣り合わせで施術を受けることに抵抗があるのなら、VIPルームの個室利用をおすすめします。

マッサージルームは照明が落とされていて、BGMもヒーリングミュージックがかかっています。ベトナムのスパにありがちな、セラピスト同士がお喋りをしていて全然リラックスできない、なんていうこともこちらのサロンでは一切ありません。『オーナーがスタッフをきちんと教育しているのだな』と、感じられる箇所が多々あって、本当におすすめのサロンです。


この日の私はとっても疲れていたので、思い切って2時間のコースをオーダーしました。2時間たっぷり心地よいマッサージとホットストーンも付いて、最後は軽く一緒にストレッチをして終わります。

心地よいマッサージに、何度も寝落ちしそうになりました。柔らかいタッチが素晴らしいのです。全てのマッサージが終わり、ベッドから降りてスリッパを履いたとたん、鉛のように重かった身体が『ふわっ』と宙に浮くかのように軽くなったのを感じる瞬間です。

万年の肩こりがスーッとなくなって、目の奥もしゃっきりすっきりして視界もかなり良くなった感じがします。

先ほどの更衣室に戻って、シャワーを浴びてサウナに入って、しばしゆっくり着替えましょう。

マッサージ後のサービスにも注目

足取りも軽くなってロビーに行くと、すぐにお茶とジュースとお菓子がまた運ばれてきます。

マッサージ後にジュースとお菓子が

右の赤い飲み物はスイカのジュースで、施術後の渇いた喉と身体にスイカの持つ天然の甘みがじわじわっと染みわたります

しかも、冷たくキリッと冷えたモノではなく、ほんのり冷たいと言うところも私は気に入っています。女性は特に冷え性な人が多いので、ホーチミンのような年中常夏の場所でも、飲み物は温かい方が身体のためには良いと思っています。

ちなみに、ハス茶はかなり温かめな温度で運ばれてきますので、こちらも身体にじんわり染みわたります。

今回2時間のマッサージの料金は65万ドン。日本円で約3,200円です。2時間でこのお値段!このクオリティ!本当は教えたくない隠れ家的スパですよ

MOC HUONG SPA

住所:9C TON DUC THANG STREET DISTRICT1 HCMC

ホーチミンは女性旅のネタが尽きません

本当は教えたくないドンコイエリアの隠れ家的な穴場情報はいかがでしたか?「ドンコイエリア」は観光客なら一度は訪れる定番スポットなので、ガイドブックに載っているお店を回るのもモチロン楽しいですが、在住者だからこそ知っているスポット巡りも通(つう)っぽくてオススメです。

ホーチミンでは毎日のように新しいお店が誕生していて、お洒落なカフェやショップが沢山あるので、訪れるたびに新しい発見ができる街だと思います。特にベトナム名物の「ヘム(ベトナム語で路地裏の意味)」には、隠れ家的なお店が所狭しとひしめき合っています。

『こんなところにこんなカワイイお店があったの?』と、意外な驚きを与えてくれるホーチミンへ是非、遊びにいらしてくださいね